Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • インドハイアス(または、インドヒウス、学名:Indohyus)は、約4,800万年前(新生代古第三紀始新世中期ルテシアン)のアジア南端の海岸部に棲息していた半水棲の原始的哺乳類。分類学上の位置に定説の無い絶滅した一群であるラオエラ科6属の中の比較的著名な1属。本種を含むラオエラ科は通常、鯨偶蹄目に属すると見なされるものの、統一的見解を得るには遠い。比較的初期の偶蹄類であり、発見当初はクジラとカバの共通祖先(始原的鯨凹歯類〈en〉)に極めて近縁の進化系統と見なされ、学会の注目を浴びたが、現在では学説によってイノシシ亜目(猪豚亜目)に分類される、目レベルで別のメソニクス目に近縁とされるなど、鯨凹歯類の進化とは別系統とする見方が優勢となっている。なお、現在の知見で最古かつ最も始原的なクジラ類とされているのは、パキケトゥス科である。
dbpedia-owl:binomial
dbpedia-owl:class
dbpedia-owl:family
dbpedia-owl:genus
dbpedia-owl:order
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1797576 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3238 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 87 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51845290 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:上目
prop-ja:下位分類
  • * インドヒウス・インディラエ
  • Indohyus major
  • Indohyus indirae * インドヒウス・マジョル(マヨル)
prop-ja:下位分類名
prop-ja:下綱
prop-ja:亜綱
prop-ja:名称
  • インドヒウス
prop-ja:和名
  • インドヒウス
prop-ja:地質時代
  • 約4,800万年前
  • 中期ルテシアン)
  • (新生代古第三紀始新世
prop-ja:学名
  • Indohyus (Rao, 1971)
prop-ja:
  • Indohyus (Rao, 1971)
  • †インドヒウス属
prop-ja:画像キャプション
  • インドヒウス(生態復元想像図)
prop-ja:
prop-ja:省略
  • 哺乳綱
prop-ja:
  • ?†ラオエラ科 Raoellidae
dc:description
  • インドヒウス(生態復元想像図)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • インドハイアス(または、インドヒウス、学名:Indohyus)は、約4,800万年前(新生代古第三紀始新世中期ルテシアン)のアジア南端の海岸部に棲息していた半水棲の原始的哺乳類。分類学上の位置に定説の無い絶滅した一群であるラオエラ科6属の中の比較的著名な1属。本種を含むラオエラ科は通常、鯨偶蹄目に属すると見なされるものの、統一的見解を得るには遠い。比較的初期の偶蹄類であり、発見当初はクジラとカバの共通祖先(始原的鯨凹歯類〈en〉)に極めて近縁の進化系統と見なされ、学会の注目を浴びたが、現在では学説によってイノシシ亜目(猪豚亜目)に分類される、目レベルで別のメソニクス目に近縁とされるなど、鯨凹歯類の進化とは別系統とする見方が優勢となっている。なお、現在の知見で最古かつ最も始原的なクジラ類とされているのは、パキケトゥス科である。
rdfs:label
  • インドハイアス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 哺乳綱
  • インドヒウス
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of