Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • インドネシア独立戦争(インドネシアどくりつせんそう)は、日本が第二次世界大戦で連合国へ降伏した後の旧オランダ領東インドで、独立を宣言したインドネシア共和国と、これを認めず再植民地化に乗り出したオランダとの間で発生した戦争(独立戦争)。1945年から1949年までの4年5ヶ月にわたる戦争で、80万人が犠牲になった。より狭義には、1947年7月21日と1948年12月19日の2度にわたって、オランダ軍がインドネシア共和国に軍事侵攻した結果生じた大規模な軍事衝突を指し、オランダ側ではこの自国の軍事行動を「警察行動」(Politionele acties)と呼称している。しかし一般的には、インドネシア共和国とオランダ軍との軍事衝突だけでなく、東インドに進駐したイギリス軍とインドネシアの武装組織との武力衝突、インドネシア共和国内での反乱事件や政治闘争、そして軍事衝突とほぼ並行して進められたオランダや国際連合との外交交渉など、インドネシアの独立へ向けての一連の政治過程を総称して「インドネシア独立戦争」という。また、植民地時代や日本軍政期には旧東インド領の各地で、伝統的な領主層や貴族層が為政者によって特権を保護されてきたが、独立宣言後にインドネシア人の急進的な青年層や武装勢力によって、これらの者の地位や特権を剥奪する社会革命の動きがみられた。こうした動きも含めて、一連の事象を「インドネシア(八月)革命」ともいう。結果的に、インドネシアは武力闘争と外交交渉によって独立を達成し、1949年12月にインドネシア連邦共和国が成立し、さらに連邦構成国がインドネシア共和国に合流して、1950年8月15日に単一のインドネシア共和国が誕生した。
dbpedia-owl:casualties
  • 4 (xsd:integer)
dbpedia-owl:combatant
  • *
  • *イギリス領インド帝国
  • *オランダ領東インド
  • *パスンダン国
  • *東インドネシア国
dbpedia-owl:description
  • 反抗する(あるいはバング・トモ)、最も尊敬されている革命指導者の一人として有名であり、海外では有名なこの写真は革命闘争に参加した人々の魂を表しているとも言われている。
dbpedia-owl:opponents
dbpedia-owl:place
dbpedia-owl:result
  • インドネシアの独立
dbpedia-owl:startDate
  • 1927-02-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:strength
  • * イギリス領インド軍第23師団
  • * オランダ領東インド軍:6万
  • * 第49旅団
  • オランダ軍:2万(初期) - 18万(ピーク時)
  • イギリス軍:3万+
  • イギリス領インドからの亡命者:600
  • インドネシア共和国軍:18万3000
  • 元日本軍義勇兵:3000
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 242298 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 20796 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 278 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59055197 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:battleName
  • インドネシア独立戦争
prop-ja:caption
  • 反抗する(あるいはバング・トモ)、最も尊敬されている革命指導者の一人として有名であり、海外では有名なこの写真は革命闘争に参加した人々の魂を表しているとも言われている。
prop-ja:casualties
  • * オランダ軍:3084 * オランダ領東インド軍:3144 * イギリス軍:1200
  • 戦死
  • 戦死:4万5000 - 10万
prop-ja:colourScheme
  • background:#ffff99;color:#2222cc
prop-ja:combatant
  • * * イギリス領インド帝国
  • * オランダ領東インド * 東インドネシア国 * パスンダン国 * *
prop-ja:commander
  • クレメント・アトリー
  • スカルノ
  • スディルマン
  • ハメンクブウォノ9世
  • モハマッド・ハッタ
prop-ja:conflict
  • インドネシア独立戦争
prop-ja:date
  • --08-17
prop-ja:place
prop-ja:result
  • インドネシアの独立
prop-ja:strength
  • * イギリス領インド軍第23師団
  • * オランダ領東インド軍:6万
  • * 第49旅団
  • オランダ軍:2万(初期) - 18万(ピーク時)
  • イギリス軍:3万+
  • イギリス領インドからの亡命者:600
  • インドネシア共和国軍:18万3000
  • 元日本軍義勇兵:3000
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • インドネシア独立戦争(インドネシアどくりつせんそう)は、日本が第二次世界大戦で連合国へ降伏した後の旧オランダ領東インドで、独立を宣言したインドネシア共和国と、これを認めず再植民地化に乗り出したオランダとの間で発生した戦争(独立戦争)。1945年から1949年までの4年5ヶ月にわたる戦争で、80万人が犠牲になった。より狭義には、1947年7月21日と1948年12月19日の2度にわたって、オランダ軍がインドネシア共和国に軍事侵攻した結果生じた大規模な軍事衝突を指し、オランダ側ではこの自国の軍事行動を「警察行動」(Politionele acties)と呼称している。しかし一般的には、インドネシア共和国とオランダ軍との軍事衝突だけでなく、東インドに進駐したイギリス軍とインドネシアの武装組織との武力衝突、インドネシア共和国内での反乱事件や政治闘争、そして軍事衝突とほぼ並行して進められたオランダや国際連合との外交交渉など、インドネシアの独立へ向けての一連の政治過程を総称して「インドネシア独立戦争」という。また、植民地時代や日本軍政期には旧東インド領の各地で、伝統的な領主層や貴族層が為政者によって特権を保護されてきたが、独立宣言後にインドネシア人の急進的な青年層や武装勢力によって、これらの者の地位や特権を剥奪する社会革命の動きがみられた。こうした動きも含めて、一連の事象を「インドネシア(八月)革命」ともいう。結果的に、インドネシアは武力闘争と外交交渉によって独立を達成し、1949年12月にインドネシア連邦共和国が成立し、さらに連邦構成国がインドネシア共和国に合流して、1950年8月15日に単一のインドネシア共和国が誕生した。
rdfs:label
  • インドネシア独立戦争
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • インドネシア独立戦争
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:battles of
is prop-ja:戦争 of
is prop-ja:戦闘 of
is prop-ja:歴史 of
is foaf:primaryTopic of