Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • インディペンデント・ワールド・世界ヘビー級王座は、日本のプロレス団体であるFMWが管理していた王座(タイトル)である。一旦、1995年に引退し、プロレスとは一線を画す姿勢をみせていた大仁田厚が、その後一転してプロレス界に接近を試みていた際、私製のチャンピオンベルトをFMWに寄贈した。これは大仁田が、1995年5月5日の引退試合(川崎球場)での使用を想定して調達したが、使わずじまいになっていたものといい、ゆえにこのベルトには“World Brass Knuckles”(「世界ブラスナックル王座」の意)の文字が入っていた。このベルトを活用して創設されたタイトルである。FMWがエンターテイメント路線を導入する前、一時期「世界ブラスナックル王座」と併せる形で「FMW二冠統一王座」としていた。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2349569 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1467 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 21 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49961370 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • インディペンデント・ワールド・世界ヘビー級王座は、日本のプロレス団体であるFMWが管理していた王座(タイトル)である。一旦、1995年に引退し、プロレスとは一線を画す姿勢をみせていた大仁田厚が、その後一転してプロレス界に接近を試みていた際、私製のチャンピオンベルトをFMWに寄贈した。これは大仁田が、1995年5月5日の引退試合(川崎球場)での使用を想定して調達したが、使わずじまいになっていたものといい、ゆえにこのベルトには“World Brass Knuckles”(「世界ブラスナックル王座」の意)の文字が入っていた。このベルトを活用して創設されたタイトルである。FMWがエンターテイメント路線を導入する前、一時期「世界ブラスナックル王座」と併せる形で「FMW二冠統一王座」としていた。
rdfs:label
  • インディペンデント・ワールド・世界ヘビー級王座
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of