Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • インディペンデンス(USS Independence, LCS-2)は、アメリカ海軍の沿海域戦闘艦(LCS)。その名を持つ艦としては6隻目。本艦は正式採用を目指してジェネラル・ダイナミクスによって設計され、ロッキード・マーティンが設計したフリーダム(USS Freedom, LCS-1)と競合した。2009年12月18日に海軍に引き渡された。2010年1月16日に就役。インディペンデンスは様々な能力を持った任務のためのモジュールを搭載できる小型の水上戦闘艦として設計された。船体は三胴船(トリマラン)設計で、40ノット(74km/h, 46mph)以上を発揮できる。この高速航行を可能にするため、船体を三胴型にして水に接する面積を減らしているので荒波には弱い。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 386116 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5811 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 123 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55932675 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • インディペンデンス(USS Independence, LCS-2)は、アメリカ海軍の沿海域戦闘艦(LCS)。その名を持つ艦としては6隻目。本艦は正式採用を目指してジェネラル・ダイナミクスによって設計され、ロッキード・マーティンが設計したフリーダム(USS Freedom, LCS-1)と競合した。2009年12月18日に海軍に引き渡された。2010年1月16日に就役。インディペンデンスは様々な能力を持った任務のためのモジュールを搭載できる小型の水上戦闘艦として設計された。船体は三胴船(トリマラン)設計で、40ノット(74km/h, 46mph)以上を発揮できる。この高速航行を可能にするため、船体を三胴型にして水に接する面積を減らしているので荒波には弱い。
rdfs:label
  • インディペンデンス (沿海域戦闘艦)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of