インターネットスラングは、インターネットで使用されるスラング(隠語、略語、俗語)であり、インターネット利用者を中心に通用する言語表現である。ネットスラング、ネット用語と呼ばれることもある。 パソコン通信時代から使われ、発祥が不明確な言葉も少なくない。本項では主にコンピュータネットワークのサービス上に見出されるものを例として示すが、必ずしもコンピュータなど情報処理技術や、それらを基盤とする通信媒体に固有の制約に密接に関係するわけではない。また、インターネットスラングとされるものの中には、単にスラング全般のインターネットコミュニティ上での利用に過ぎないものや、何らかの娯楽作品などから引用されたものなどもあるが、本項では割愛する。

Property Value
dbo:abstract
  • インターネットスラングは、インターネットで使用されるスラング(隠語、略語、俗語)であり、インターネット利用者を中心に通用する言語表現である。ネットスラング、ネット用語と呼ばれることもある。 パソコン通信時代から使われ、発祥が不明確な言葉も少なくない。本項では主にコンピュータネットワークのサービス上に見出されるものを例として示すが、必ずしもコンピュータなど情報処理技術や、それらを基盤とする通信媒体に固有の制約に密接に関係するわけではない。また、インターネットスラングとされるものの中には、単にスラング全般のインターネットコミュニティ上での利用に過ぎないものや、何らかの娯楽作品などから引用されたものなどもあるが、本項では割愛する。 (ja)
  • インターネットスラングは、インターネットで使用されるスラング(隠語、略語、俗語)であり、インターネット利用者を中心に通用する言語表現である。ネットスラング、ネット用語と呼ばれることもある。 パソコン通信時代から使われ、発祥が不明確な言葉も少なくない。本項では主にコンピュータネットワークのサービス上に見出されるものを例として示すが、必ずしもコンピュータなど情報処理技術や、それらを基盤とする通信媒体に固有の制約に密接に関係するわけではない。また、インターネットスラングとされるものの中には、単にスラング全般のインターネットコミュニティ上での利用に過ぎないものや、何らかの娯楽作品などから引用されたものなどもあるが、本項では割愛する。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 294165 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 5384 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80008117 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • インターネットスラングは、インターネットで使用されるスラング(隠語、略語、俗語)であり、インターネット利用者を中心に通用する言語表現である。ネットスラング、ネット用語と呼ばれることもある。 パソコン通信時代から使われ、発祥が不明確な言葉も少なくない。本項では主にコンピュータネットワークのサービス上に見出されるものを例として示すが、必ずしもコンピュータなど情報処理技術や、それらを基盤とする通信媒体に固有の制約に密接に関係するわけではない。また、インターネットスラングとされるものの中には、単にスラング全般のインターネットコミュニティ上での利用に過ぎないものや、何らかの娯楽作品などから引用されたものなどもあるが、本項では割愛する。 (ja)
  • インターネットスラングは、インターネットで使用されるスラング(隠語、略語、俗語)であり、インターネット利用者を中心に通用する言語表現である。ネットスラング、ネット用語と呼ばれることもある。 パソコン通信時代から使われ、発祥が不明確な言葉も少なくない。本項では主にコンピュータネットワークのサービス上に見出されるものを例として示すが、必ずしもコンピュータなど情報処理技術や、それらを基盤とする通信媒体に固有の制約に密接に関係するわけではない。また、インターネットスラングとされるものの中には、単にスラング全般のインターネットコミュニティ上での利用に過ぎないものや、何らかの娯楽作品などから引用されたものなどもあるが、本項では割愛する。 (ja)
rdfs:label
  • インターネットスラング (ja)
  • インターネットスラング (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of