Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • インターネットアマチュア無線(インターネットアマチュアむせん)は新世代のアマチュア無線の運用形態である。インターネットを利用した新しいアマチュア無線の運用形態・方法を意味する。従来の長距離海外通信は短波帯、また近距離はVHFやUHFの超短波帯の直接波を利用していた。このインターネットアマチュア無線の通信方式はインターネットとアマチュア無線専用ソフトウェアを利用する事により、屋外の50mW出力のハンディーアマチュア無線無線機でも世界中、日本中、自由にいつでも交信(会話)が出来る通信方式である。別名としてインターネットPCアマチュア無線と言うようにパソコンがメインの機器になる事から、「PC」(パソコンの略)を入れて表現する場合もある。インターネットアマチュア無線では、バーテックススタンダード社のWiRESⅡがシステムとしてよく使われる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 732175 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 471 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 4 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50765648 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • インターネットアマチュア無線(インターネットアマチュアむせん)は新世代のアマチュア無線の運用形態である。インターネットを利用した新しいアマチュア無線の運用形態・方法を意味する。従来の長距離海外通信は短波帯、また近距離はVHFやUHFの超短波帯の直接波を利用していた。このインターネットアマチュア無線の通信方式はインターネットとアマチュア無線専用ソフトウェアを利用する事により、屋外の50mW出力のハンディーアマチュア無線無線機でも世界中、日本中、自由にいつでも交信(会話)が出来る通信方式である。別名としてインターネットPCアマチュア無線と言うようにパソコンがメインの機器になる事から、「PC」(パソコンの略)を入れて表現する場合もある。インターネットアマチュア無線では、バーテックススタンダード社のWiRESⅡがシステムとしてよく使われる。
rdfs:label
  • インターネットアマチュア無線
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of