Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • インジゴカルミン (Indigo carmine) は、やや紫がかった青色に着色することのできる着色料。インジゴイド系の食用タール色素に分類される合成着色料である。インジゴカーミンとも呼ばれる。食品衛生法では青色2号(あおいろにごう)として食品添加物に指定されている。常温では暗紫青(暗紫褐色)の粒または粉末状の固体で、無臭である。熱や光、塩基に弱く、還元されやすい。工業的には、インディゴに対して濃硫酸や発煙硫酸を用いてスルホン化することによって作り出す。主に食品添加物や工業製品の着色用途として使用される。旧厚生省は天然に存在しない添加物に分類している。他の着色料では得られにくい独特な紫青色に着色できる。食品用途には、チョコレートや和菓子への使用が多い。
dbpedia-owl:imageSize
  • 300 (xsd:integer)
dbpedia-owl:iupacName
  • 3,3'-dioxo-2,2'-bis-indolyden-5,5'-disulfonic acid disodium salt
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 477361 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3211 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 35 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57921146 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefile
  • Indigo carmine.svg
prop-ja:imagesize
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:iupacname
  • 33 (xsd:integer)
prop-ja:othernames
  • indigotine; 5,5'-indigodisulfonic acid sodium salt
prop-ja:verifiedrevid
  • 400116149 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • インジゴカルミン (Indigo carmine) は、やや紫がかった青色に着色することのできる着色料。インジゴイド系の食用タール色素に分類される合成着色料である。インジゴカーミンとも呼ばれる。食品衛生法では青色2号(あおいろにごう)として食品添加物に指定されている。常温では暗紫青(暗紫褐色)の粒または粉末状の固体で、無臭である。熱や光、塩基に弱く、還元されやすい。工業的には、インディゴに対して濃硫酸や発煙硫酸を用いてスルホン化することによって作り出す。主に食品添加物や工業製品の着色用途として使用される。旧厚生省は天然に存在しない添加物に分類している。他の着色料では得られにくい独特な紫青色に着色できる。食品用途には、チョコレートや和菓子への使用が多い。
rdfs:label
  • インジゴカルミン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • indigotine; 5,5'-indigodisulfonic acid sodium salt
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of