Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • イングリッド・バーグマン(典: Ingrid Bergman、1915年8月29日 - 1982年8月29日)は、ヨーロッパとアメリカで活躍したスウェーデン出身の女優。Ingrid Bergman はスウェーデン語ではインリド・ベリマン [ˈɪŋːrɪd ˈbærjman] [1]と発音される。アカデミー賞を3回、エミー賞を2回、トニー賞の演劇主演女優賞の受賞経験があり、AFI(アメリカ映画協会)選定の「映画スターベスト100」の女優部門では第4位となっている。バーグマンが演じた役でもっとも有名な役と言われているのが、ハンフリー・ボガートと共演した『カサブランカ』(1942年)のイルザ・ラント役とケーリー・グラントと共演した『汚名』(1946年)のアリシア・ヒューバーマン役である。バーグマンはアメリカで女優として成功をおさめる以前から、スウェーデンでは名を知られた女優だった。バーグマンがアメリカ映画に初出演したのは、スウェーデン映画の『間奏曲』をリメイクした『別離』(1939年)である。その際立った美貌と知性でアメリカ映画に「北欧からの瑞々しい息吹」を吹き込んだバーグマンは、すぐさま「アメリカ人女性の理想」となりハリウッドを代表する女優の一人となったと『ポピュラーカルチャー百科事典』(en:St. James Encyclopedia of Popular Culture)に記されている。映画監督ヴィクター・フレミングがリメイクした映画『ジキル博士とハイド氏』(1941年)に出演したバーグマンは、後に自身をハリウッドへ招くことになる映画プロデューサーのデヴィッド・O・セルズニックに認められた。セルズニックはバーグマンのことを、今までともに仕事をしてきた中で「もっとも完成された誠実な女優」と評価している。セルズニックはバーグマンに7年間の出演契約を提示し、その後の女優活動をプロデューサーとして支えていくことになる。バーグマンがセルズニックとは無関係に出演した映画には『カサブランカ』(1942年)、『誰が為に鐘は鳴る』(1943年)、『ガス燈』(1944年)、『聖メリーの鐘』(1945年)『汚名』(1946年)、『山羊座のもとに』(1949年)があり、独立系映画としては『ジャンヌ・ダーク』(1948年)がある。ハリウッド進出以来、10年間にわたってアメリカでスター女優の地位を守り続けたバーグマンは、1950年にロベルト・ロッセリーニが監督するイタリア映画『ストロンボリ/神の土地』に主演した。この作品がきっかけとなり、バーグマンとロッセリーニはともに既婚者であったにも関わらず、不倫関係を持つようになる。この不倫関係とその後の二人の結婚は大きなスキャンダルとなり、バーグマンはその後の数年間アメリカに戻ることができなくなった。1956年の『追想』でハリウッドに復帰したバーグマンは、この映画でアカデミー主演女優賞を受賞するとともに、旧来のファンもバーグマンを許したといわれている。バーグマンに関する私生活や映画関連の文献は、ウェズリアン大学のシネマ・アーカイブが多く所蔵している。
dbpedia-owl:academyAward
dbpedia-owl:birthYear
  • 1915-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathYear
  • 1982-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:goldenGlobeAward
dbpedia-owl:notableWork
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 20357 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 30951 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 211 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59182423 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:アカデミー賞
  • 1944 (xsd:integer)
  • 1956 (xsd:integer)
  • 1974 (xsd:integer)
  • 主演女優賞
  • 助演女優賞
prop-ja:ゴールデングローブ賞
  • 1944 (xsd:integer)
  • 1945 (xsd:integer)
  • 1956 (xsd:integer)
  • 主演女優賞 (ドラマ部門)
  • 女優賞
prop-ja:主な作品
  • 1939 (xsd:integer)
  • 1942 (xsd:integer)
  • 1943 (xsd:integer)
  • 1944 (xsd:integer)
  • 1956 (xsd:integer)
  • 1969 (xsd:integer)
  • 1974 (xsd:integer)
  • 1978 (xsd:integer)
prop-ja:出生地
  • 、ストックホルム
prop-ja:本名
  • Ingrid Bergman
prop-ja:死没地
  • 、ロンドン
prop-ja:没年
  • 1982 (xsd:integer)
prop-ja:没日
  • 29 (xsd:integer)
prop-ja:没月
  • 8 (xsd:integer)
prop-ja:活動期間
  • 1932 (xsd:integer)
prop-ja:生年
  • 1915 (xsd:integer)
prop-ja:生日
  • 29 (xsd:integer)
prop-ja:生月
  • 8 (xsd:integer)
prop-ja:画像コメント
  • 1944 (xsd:integer)
prop-ja:画像サイズ
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像ファイル
  • IngridBergmanportrait.jpg
prop-ja:職業
prop-ja:芸名
  • イングリッド バーグマン
prop-ja:英国アカデミー賞
  • 1974 (xsd:integer)
  • 助演女優賞
prop-ja:著名な家族
prop-ja:配偶者
  • ペッテル・リンドストローム(1937年 - 1950年)
  • ロベルト・ロッセリーニ(1950年 - 1957年)
  • ラルス・シュミット(1958年 - 1978年)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • イングリッド・バーグマン(典: Ingrid Bergman、1915年8月29日 - 1982年8月29日)は、ヨーロッパとアメリカで活躍したスウェーデン出身の女優。Ingrid Bergman はスウェーデン語ではインリド・ベリマン [ˈɪŋːrɪd ˈbærjman] [1]と発音される。アカデミー賞を3回、エミー賞を2回、トニー賞の演劇主演女優賞の受賞経験があり、AFI(アメリカ映画協会)選定の「映画スターベスト100」の女優部門では第4位となっている。バーグマンが演じた役でもっとも有名な役と言われているのが、ハンフリー・ボガートと共演した『カサブランカ』(1942年)のイルザ・ラント役とケーリー・グラントと共演した『汚名』(1946年)のアリシア・ヒューバーマン役である。バーグマンはアメリカで女優として成功をおさめる以前から、スウェーデンでは名を知られた女優だった。バーグマンがアメリカ映画に初出演したのは、スウェーデン映画の『間奏曲』をリメイクした『別離』(1939年)である。その際立った美貌と知性でアメリカ映画に「北欧からの瑞々しい息吹」を吹き込んだバーグマンは、すぐさま「アメリカ人女性の理想」となりハリウッドを代表する女優の一人となったと『ポピュラーカルチャー百科事典』(en:St.
rdfs:label
  • イングリッド・バーグマン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Ingrid Bergman
  • イングリッド バーグマン
is dbpedia-owl:starring of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:出演者 of
is prop-ja:画像の説明 of
is foaf:primaryTopic of