Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • イングリッシュ・コンサート(The English Concert)は、チェンバロ奏者であるトレヴァー・ピノックがヴィクトリア&アルバート博物館所蔵の古楽器を活用する目的で1973年にイギリスに結成した古楽オーケストラ(合奏団)である。主にバロック音楽を中心に演奏し、ヨハン・ゼバスティアン・バッハやゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルのほか、ヴィヴァルディ、コレッリなどの作品を多く取り上げた。また1978年頃からドイツ・グラモフォンのアルヒーフと専属契約を結び多数の録音が発売され、その人気を確かなものとした。また80年代にピノックの片腕が去っていくとヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの作品も多数演奏されるようになり、2003年にはピノック自身も退団する。2003年からはバロック・ヴァイオリン奏者のアンドルー・マンゼが音楽監督に就任したが、早くも2007年にはハリー・ビケットと交代している。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 557378 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 684 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 20 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58261567 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • イングリッシュ・コンサート(The English Concert)は、チェンバロ奏者であるトレヴァー・ピノックがヴィクトリア&アルバート博物館所蔵の古楽器を活用する目的で1973年にイギリスに結成した古楽オーケストラ(合奏団)である。主にバロック音楽を中心に演奏し、ヨハン・ゼバスティアン・バッハやゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルのほか、ヴィヴァルディ、コレッリなどの作品を多く取り上げた。また1978年頃からドイツ・グラモフォンのアルヒーフと専属契約を結び多数の録音が発売され、その人気を確かなものとした。また80年代にピノックの片腕が去っていくとヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの作品も多数演奏されるようになり、2003年にはピノック自身も退団する。2003年からはバロック・ヴァイオリン奏者のアンドルー・マンゼが音楽監督に就任したが、早くも2007年にはハリー・ビケットと交代している。
rdfs:label
  • イングリッシュ・コンサート
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of