Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • イングランド料理(英: English cuisine)には、イングランドに関連している料理のスタイル、伝統とレシピが含まれる。イングランド料理には独特の特性があるが、イギリス帝国の時代の北アメリカ、中国、およびインドといった地域からの食材と概念の輸入および第二次世界大戦後の移民 (Immigration) の結果、より幅広いイギリス料理と多くを共有している。近世イングランド料理は、歴史的経緯から、単純なアプローチと自然農産物の高品質への依存に特徴づけられるものだった。こうした特徴は、いまも伝統的料理に見て取ることができる。伝統的な食事は、パンとチーズ、肉のローストやシチュー、ミートパイやジビエのパイ、茹でた野菜とブイヨン、淡水魚および海水魚のように、古代に起源を持つ。14世紀のイングランドの料理本、『Forme of Cury』にはこれらのレシピが含まれており、リチャード2世の宮廷が起源である。18世紀後半に、ギルバート・ホワイトが『セルボーンの博物誌』にてイングランド南部における普通の田舎の人々の野菜消費量の増加に言及した。ここでは、ジャガイモはジョージ3世の時代にようやく加わったとし、次のように述べている。「都市部の野菜店は今、一般大衆の快適な状態を支援し、財産を取得ている。まともな労働者は皆また自身の庭を持ち、いくぶんの支援となる。一般的な農家は小作人がベーコンと一緒に食べるためのたっぷりのインゲン、エンドウ、野菜を提供する。」他の食事では、かつて新聞紙に包んで塩とモルトビネガーで食べる都市部のストリートフード (Street food) であったフィッシュ・アンド・チップス、パイ、マッシュポテトとタマネギとグレイビー添えのソーセージに対して、現在はインドとバングラデシュのカレー、中華料理とタイ料理がベースの炒め物の人気が匹敵している。イタリア料理とフランス料理もまた広く受け入れられている。イギリスはまた、アメリカ合衆国のファストフードの変化を素早く受け入れ、世界中の料理知識を吸収し続けると同時に、持続可能な農業におけるそのルーツを再発見している。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2897281 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 38329 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 592 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57627300 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • イングランド料理(英: English cuisine)には、イングランドに関連している料理のスタイル、伝統とレシピが含まれる。イングランド料理には独特の特性があるが、イギリス帝国の時代の北アメリカ、中国、およびインドといった地域からの食材と概念の輸入および第二次世界大戦後の移民 (Immigration) の結果、より幅広いイギリス料理と多くを共有している。近世イングランド料理は、歴史的経緯から、単純なアプローチと自然農産物の高品質への依存に特徴づけられるものだった。こうした特徴は、いまも伝統的料理に見て取ることができる。伝統的な食事は、パンとチーズ、肉のローストやシチュー、ミートパイやジビエのパイ、茹でた野菜とブイヨン、淡水魚および海水魚のように、古代に起源を持つ。14世紀のイングランドの料理本、『Forme of Cury』にはこれらのレシピが含まれており、リチャード2世の宮廷が起源である。18世紀後半に、ギルバート・ホワイトが『セルボーンの博物誌』にてイングランド南部における普通の田舎の人々の野菜消費量の増加に言及した。ここでは、ジャガイモはジョージ3世の時代にようやく加わったとし、次のように述べている。「都市部の野菜店は今、一般大衆の快適な状態を支援し、財産を取得ている。まともな労働者は皆また自身の庭を持ち、いくぶんの支援となる。一般的な農家は小作人がベーコンと一緒に食べるためのたっぷりのインゲン、エンドウ、野菜を提供する。」他の食事では、かつて新聞紙に包んで塩とモルトビネガーで食べる都市部のストリートフード (Street food) であったフィッシュ・アンド・チップス、パイ、マッシュポテトとタマネギとグレイビー添えのソーセージに対して、現在はインドとバングラデシュのカレー、中華料理とタイ料理がベースの炒め物の人気が匹敵している。イタリア料理とフランス料理もまた広く受け入れられている。イギリスはまた、アメリカ合衆国のファストフードの変化を素早く受け入れ、世界中の料理知識を吸収し続けると同時に、持続可能な農業におけるそのルーツを再発見している。
rdfs:label
  • イングランド料理
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of