Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • イングランド人(イングランドじん、英語:English people 古英語:Englisc)は、イングランドを起源とし、英語を主な母語とする民族のこと。またはイングランド区域内で出生した連合王国(イギリス)の国籍を有する住民(この場合は、イングランド以外にルーツを有する者を含む)のこと。イングランド人としての民族アイデンティティの起源は古く、最初期においてはAnglecynn(アングル人)と呼ばれていた。イングランド人の最も大きな集団は、イギリスの構成国(イギリスのカントリー)のひとつであるイングランドに居住している。この集団は、ブリトン人、ローマ・ブリトン人、アングロ・サクソン人、ヴァイキング、ノルマン人など、イングランドに当たる地域に定住していた近縁の民族集団との混血であるといわれている。しかし、近年のDNA分析によれば、イギリス人の祖先の大部分は旧石器時代のグレートブリテン島の原住民であり、グレートブリテン島の東海岸・西海岸地域での遺伝子の相違は、大きな差ではないとはいえ、先史時代古くからのもので、主に旧石器時代後半と中石器時代(1万5千年-7千年前)を起点とするものだという。2013年に発表された現代ヨーロッパの遺伝学的な研究によれば、現代ヨーロッパ人の遺伝子構造は6500年前、新石器時代の中期にあたる紀元前4500年頃に定着したことがわかった。約7500年前にやって来た最初の農耕民や、さらに古い時代の狩猟採集民がもたらしたものではなかったとされる。 より近年のイングランドへの移住者には、グレートブリテン島・アイルランド島をはじめ様々な地域の民族がおり、これらの大部分はウェールズ・スコットランド・アイルランド共和国・イギリス連邦諸国である。これらの移住者には、イギリス人・イングランド人としてのアイデンティティを持つものもいれば、二重もしくは外国系のアイデンティティを持つものもいる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1506751 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 31924 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 166 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57923589 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • 1 (xsd:integer)
  • 2 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:float
  • right
prop-ja:footnotes
  • イングランド系アメリカ人, イングランド系カナダ人, イングランド系オーストラリア人
prop-ja:group
  • (English people)
  • イングランド人
prop-ja:languages
  • 英語(イギリス英語、イングランド英語)
prop-ja:pop
  • 44202 (xsd:integer)
  • 6358880 (xsd:integer)
  • 6570015 (xsd:integer)
  • 27516394 (xsd:integer)
prop-ja:population
  • 世界中において
  • 約9000万人
prop-ja:regions
  • 45265093 (xsd:integer)
prop-ja:religions
prop-ja:scale
  • 350 (xsd:integer)
prop-ja:text
  • United Kingdom
  • Great Britain
  • St Andrew's Cross
  • St George's Cross
  • St Patrick's Cross
prop-ja:width
  • 350 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:x
  • 0.030000 (xsd:double)
  • 0.320000 (xsd:double)
  • 0.460000 (xsd:double)
  • 0.520000 (xsd:double)
  • 0.700000 (xsd:double)
prop-ja:y
  • 0.230000 (xsd:double)
  • 0.490000 (xsd:double)
  • 0.510000 (xsd:double)
  • 0.760000 (xsd:double)
prop-ja:関連
dcterms:subject
rdfs:comment
  • イングランド人(イングランドじん、英語:English people 古英語:Englisc)は、イングランドを起源とし、英語を主な母語とする民族のこと。またはイングランド区域内で出生した連合王国(イギリス)の国籍を有する住民(この場合は、イングランド以外にルーツを有する者を含む)のこと。イングランド人としての民族アイデンティティの起源は古く、最初期においてはAnglecynn(アングル人)と呼ばれていた。イングランド人の最も大きな集団は、イギリスの構成国(イギリスのカントリー)のひとつであるイングランドに居住している。この集団は、ブリトン人、ローマ・ブリトン人、アングロ・サクソン人、ヴァイキング、ノルマン人など、イングランドに当たる地域に定住していた近縁の民族集団との混血であるといわれている。しかし、近年のDNA分析によれば、イギリス人の祖先の大部分は旧石器時代のグレートブリテン島の原住民であり、グレートブリテン島の東海岸・西海岸地域での遺伝子の相違は、大きな差ではないとはいえ、先史時代古くからのもので、主に旧石器時代後半と中石器時代(1万5千年-7千年前)を起点とするものだという。2013年に発表された現代ヨーロッパの遺伝学的な研究によれば、現代ヨーロッパ人の遺伝子構造は6500年前、新石器時代の中期にあたる紀元前4500年頃に定着したことがわかった。約7500年前にやって来た最初の農耕民や、さらに古い時代の狩猟採集民がもたらしたものではなかったとされる。 より近年のイングランドへの移住者には、グレートブリテン島・アイルランド島をはじめ様々な地域の民族がおり、これらの大部分はウェールズ・スコットランド・アイルランド共和国・イギリス連邦諸国である。これらの移住者には、イギリス人・イングランド人としてのアイデンティティを持つものもいれば、二重もしくは外国系のアイデンティティを持つものもいる。
rdfs:label
  • イングランド人
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:ethnicity of
is dbpedia-owl:nationality of
is dbpedia-owl:stateOfOrigin of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:ethnicity of
is prop-ja:nationality of
is prop-ja:関連 of
is foaf:primaryTopic of