Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • イングランドの教育史は、アングロ・サクソン人のイングランド移住あるいはローマ帝国の属州であるブリタンニアまでさかのぼることができる。中世には、徒弟制度が実際の仕事に就くための主な方法だった一方で、ラテン語の文法を教えるための学校が設立された。また、オックスフォード大学とケンブリッジ大学の2大学も設定された。エドワード6世の治世には、改良されたシステムとしてfree grammer schoolが設立された。19世紀では、世紀の終わり間近に自由義務教育が設立まで、イングランド国教会がほとんどの学校の責任を持った。また、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンとキングス・カレッジ・ロンドンが設立され、この二つの大学はロンドン大学を形成した。ダラム大学も19世紀世紀はじめに設立され、この世紀の終わりにはred brick university(赤れんが大学)群が設置された。イギリス1944年教育法により、グラマースクール、Secondary modern school、Secondary Technical SchoolからなるTripartite System(三分制)が設立された。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2614686 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 39481 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 198 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58252383 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • イングランドの教育史は、アングロ・サクソン人のイングランド移住あるいはローマ帝国の属州であるブリタンニアまでさかのぼることができる。中世には、徒弟制度が実際の仕事に就くための主な方法だった一方で、ラテン語の文法を教えるための学校が設立された。また、オックスフォード大学とケンブリッジ大学の2大学も設定された。エドワード6世の治世には、改良されたシステムとしてfree grammer schoolが設立された。19世紀では、世紀の終わり間近に自由義務教育が設立まで、イングランド国教会がほとんどの学校の責任を持った。また、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンとキングス・カレッジ・ロンドンが設立され、この二つの大学はロンドン大学を形成した。ダラム大学も19世紀世紀はじめに設立され、この世紀の終わりにはred brick university(赤れんが大学)群が設置された。イギリス1944年教育法により、グラマースクール、Secondary modern school、Secondary Technical SchoolからなるTripartite System(三分制)が設立された。
rdfs:label
  • イングランドの教育史
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of