Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • イングランドとウェールズの国立公園 (イングランドとウェールズのこくりつこうえん)は、1949年の「国立公園と地方へのアクセスを定める法」のもとで定められた、比較的開発の手が及んでいない景観のよい地域を指す。その名にかかわらず、イングランドとウェールズの国立公園は他の国での国立公園とはまったく異なる。他の国では国立公園は保護された共有資源として国が所有・管理し、人間の恒久的な村落はそこに含まれない。イングランドとウェールズでは国立公園として指定されるには実際に人が住んでいる定住地を含んでいてもよく、しばしばその地域の全体が利用されていてもよい。また、国立公園の中に個人所有の土地があっても構わない。現在、イングランドとウェールズには12の国立公園がある。また、イングランドのサウスダウンズは国立公園として登録する手続き中である。いずれの公園も、それぞれの国立公園管理局が運営している。法に定めた運営目的は以下の通り:その地域の自然の美、野生生物、および文化的遺産を保存、強化する公衆が公園のクオリティを理解し楽しむ機会を高める推定で毎年1億1000万人がイングランドとウェールズの国立公園を訪れる。レクリエーションと観光が、訪問客と資金を公園にもたらし、それらが公園の自然保護業務を支え、また地元の雇用と産業を振興している。侵食、交通渋滞や公園の施設利用でトラブルを起こすなど、訪問客は問題を持ち込むこともある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 259279 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7858 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 70 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58759745 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • イングランドとウェールズの国立公園 (イングランドとウェールズのこくりつこうえん)は、1949年の「国立公園と地方へのアクセスを定める法」のもとで定められた、比較的開発の手が及んでいない景観のよい地域を指す。その名にかかわらず、イングランドとウェールズの国立公園は他の国での国立公園とはまったく異なる。他の国では国立公園は保護された共有資源として国が所有・管理し、人間の恒久的な村落はそこに含まれない。イングランドとウェールズでは国立公園として指定されるには実際に人が住んでいる定住地を含んでいてもよく、しばしばその地域の全体が利用されていてもよい。また、国立公園の中に個人所有の土地があっても構わない。現在、イングランドとウェールズには12の国立公園がある。また、イングランドのサウスダウンズは国立公園として登録する手続き中である。いずれの公園も、それぞれの国立公園管理局が運営している。法に定めた運営目的は以下の通り:その地域の自然の美、野生生物、および文化的遺産を保存、強化する公衆が公園のクオリティを理解し楽しむ機会を高める推定で毎年1億1000万人がイングランドとウェールズの国立公園を訪れる。レクリエーションと観光が、訪問客と資金を公園にもたらし、それらが公園の自然保護業務を支え、また地元の雇用と産業を振興している。侵食、交通渋滞や公園の施設利用でトラブルを起こすなど、訪問客は問題を持ち込むこともある。
rdfs:label
  • イングランドおよびウェールズの国立公園
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of