Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • イングナ・フレイ(イングナル・フレイとも)(Ingunar-Freyr)は、北欧神話に登場する神フレイの別名である。『古エッダ』の『ロキの口論』第43節や、『聖オーラヴのサガ』(Great saga of Saint Olaf)でフレイに呼びかけられる名前である。「Ingunar-Freyr」はしばしば、西ゲルマン語群の言語における、北ゲルマン語群の「Yngvi-Freyr」の同義語であるとみなされている。この名に近い形の名称としては、「frea Ingwina(Ingの支持者らの領主)」が、『ベオウルフ』(1319年成立)で使われている。その中でその名は、デンマークの王フロースガール(en)を表している。Ingunar-Freyrという名の意味はいまだ明らかでないが、ゲルマン民族の一派インガエウォネース族(Ingaevones)に関連があろうと考えられている。もう一つの解釈は、「Ingunar」を「Ingun」の属格形と理解することである。その場合の「Ingun」は豊穣の女神ということになる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1064473 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1384 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 16 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47300916 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • イングナ・フレイ(イングナル・フレイとも)(Ingunar-Freyr)は、北欧神話に登場する神フレイの別名である。『古エッダ』の『ロキの口論』第43節や、『聖オーラヴのサガ』(Great saga of Saint Olaf)でフレイに呼びかけられる名前である。「Ingunar-Freyr」はしばしば、西ゲルマン語群の言語における、北ゲルマン語群の「Yngvi-Freyr」の同義語であるとみなされている。この名に近い形の名称としては、「frea Ingwina(Ingの支持者らの領主)」が、『ベオウルフ』(1319年成立)で使われている。その中でその名は、デンマークの王フロースガール(en)を表している。Ingunar-Freyrという名の意味はいまだ明らかでないが、ゲルマン民族の一派インガエウォネース族(Ingaevones)に関連があろうと考えられている。もう一つの解釈は、「Ingunar」を「Ingun」の属格形と理解することである。その場合の「Ingun」は豊穣の女神ということになる。
rdfs:label
  • イングナ・フレイ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of