Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • イリュリア語(イリュリアご)は、インドヨーロッパ語族に属する言語。紀元前1000年ごろに話者数が最大となった。話し手はイリュリア人。中部ヨーロッパ、現在のドイツ東部に相当する地域に興ったラウジッツ文化に由来するとされる。バルカン半島北西部、現在のスロベニアやクロアチア、モンテネグロ、ローマ帝国からはイリュリアのちにパンノニアと呼ばれていた地域に住む人々を中心として広く使われた。話し手の大多数は、後年南スラブ人と同化して言語としては消滅した。類縁関係にある言語としては、南イタリアのカラブリア地方で出土した紀元前1世紀に至る碑文に記されているメッサピア語がある。現在は死語であるが、アルバニア語にイリュリア語起源の単語が残っている。
dbpedia-owl:iso6393Code
  • xil
dbpedia-owl:languageFamily
dbpedia-owl:spokenIn
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 376512 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 966 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 34 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56533403 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:extinct
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:fam
prop-ja:familycolor
  • インド・ヨーロッパ語族
prop-ja:iso
  • xil
prop-ja:linglist
  • xil
prop-ja:name
  • イリュリア語
prop-ja:nativename
  • ?
prop-ja:region
prop-ja:states
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • イリュリア語(イリュリアご)は、インドヨーロッパ語族に属する言語。紀元前1000年ごろに話者数が最大となった。話し手はイリュリア人。中部ヨーロッパ、現在のドイツ東部に相当する地域に興ったラウジッツ文化に由来するとされる。バルカン半島北西部、現在のスロベニアやクロアチア、モンテネグロ、ローマ帝国からはイリュリアのちにパンノニアと呼ばれていた地域に住む人々を中心として広く使われた。話し手の大多数は、後年南スラブ人と同化して言語としては消滅した。類縁関係にある言語としては、南イタリアのカラブリア地方で出土した紀元前1世紀に至る碑文に記されているメッサピア語がある。現在は死語であるが、アルバニア語にイリュリア語起源の単語が残っている。
rdfs:label
  • イリュリア語
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ?
  • イリュリア語
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of