Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • イラン暦(イランれき、ペルシア語: سالنمای هجری شمسی؛ گاهشماری هجری خورشیدی‎)は、イランを中心に中東の広い地域で使われている暦法の総称で、太陽暦。ペルシア暦、ペルシャ暦、イラン太陽暦とも呼ばれる。欧米では“anno Persico/anno Persarum”(英訳「Persian year」)を略してA.P.と表記する。20世紀以降、イランとアフガニスタンで使われているものはグレゴリオ暦の算出法を採用し、西暦と日付が完全に対応するように改められたが、紀元を預言者ムハンマドのヒジュラの年(西暦622年)に置くため、ヒジュラ太陽暦(en)とも呼ばれる。また、アフガニスタンで公式に採用されたものはアフガン暦とも呼ばれる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 9283 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3180 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 70 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55966120 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • イラン暦(イランれき、ペルシア語: سالنمای هجری شمسی؛ گاهشماری هجری خورشیدی‎)は、イランを中心に中東の広い地域で使われている暦法の総称で、太陽暦。ペルシア暦、ペルシャ暦、イラン太陽暦とも呼ばれる。欧米では“anno Persico/anno Persarum”(英訳「Persian year」)を略してA.P.と表記する。20世紀以降、イランとアフガニスタンで使われているものはグレゴリオ暦の算出法を採用し、西暦と日付が完全に対応するように改められたが、紀元を預言者ムハンマドのヒジュラの年(西暦622年)に置くため、ヒジュラ太陽暦(en)とも呼ばれる。また、アフガニスタンで公式に採用されたものはアフガン暦とも呼ばれる。
rdfs:label
  • イラン暦
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of