Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • イラン・イスラーム文化とは、テュルク系のセルジューク朝やモンゴル系のイル・ハン国の支配下にイスラーム教が受け入れられ、イラン系知識人によって形成された文化。代表的人物としては、セルジューク朝のウマル・ハイヤーム、イル・ハン国のラシード・アッディーンらが活躍した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 638439 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 454 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 21 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52443639 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • イラン・イスラーム文化とは、テュルク系のセルジューク朝やモンゴル系のイル・ハン国の支配下にイスラーム教が受け入れられ、イラン系知識人によって形成された文化。代表的人物としては、セルジューク朝のウマル・ハイヤーム、イル・ハン国のラシード・アッディーンらが活躍した。
rdfs:label
  • イラン・イスラーム文化
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of