Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • イミダゾリン (imidazoline) は、イミダゾールから誘導される含窒素複素環化合物である。環にはイミン結合が含まれ、4位と5位の炭素はイミダゾールと異なって単結合である。イミダゾリンはグアニジンやアミジンと類似の構造を持っている。イミダゾールの場合と同様に、イミダジンを基本骨格とする物質も、多くの遷移金属の安定カルベンとして使われる。市販の第2世代グラブス触媒の構造の中にも見られる。
dbpedia-owl:casNumber
  • 504-75-6
dbpedia-owl:iupacName
  • 4,5-ジヒドロ-1H-イミダゾール
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1302096 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1742 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 17 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57932612 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cas登録番号
  • 504 (xsd:integer)
prop-ja:iupac
  • 45 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • イミダゾリン
prop-ja:smiles
  • C=1NCCN=1
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:分子式
  • C3H6N2
prop-ja:分子量
  • 70.093000 (xsd:double)
prop-ja:構造式
  • 150 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • イミダゾリン (imidazoline) は、イミダゾールから誘導される含窒素複素環化合物である。環にはイミン結合が含まれ、4位と5位の炭素はイミダゾールと異なって単結合である。イミダゾリンはグアニジンやアミジンと類似の構造を持っている。イミダゾールの場合と同様に、イミダジンを基本骨格とする物質も、多くの遷移金属の安定カルベンとして使われる。市販の第2世代グラブス触媒の構造の中にも見られる。
rdfs:label
  • イミダゾリン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • イミダゾリン
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of