Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • イブン・バットゥータ(英語: Ibn Battuta [ˌɪbənbætˈtuːtɑː]、アラビア語: أبو عبد الله محمد بن عبد الله اللواتي الطنجي بن بطوطة‎, アブー・アブドゥッラー・ムハンマド・イブン・アブドゥッラー・アッ=ラワーティー・アッ=タンジー)(1304年2月24日/25日 - 1368年/69年)はマリーン朝のベルベル人の探検家である。彼の旅行記『諸都市の新奇さと旅の驚異に関する観察者たちへの贈り物』(تحفة النظار في غرائب الأمصار وعجائب الأسفار‎ tuḥfat al-naẓār fī ġarāʾib al-ʾamṣār wa-ʿaǧāʾib al-ʾasfār、通称Rihla)にまとめられた広範にわたる旅行で知られる。30年間をかけ既知のイスラム世界、そして非イスラムの地を旅した。彼の旅した地には北アフリカ、アフリカの角、西アフリカ、東ヨーロッパ、中東、南アジア、中央アジア、東南アジア、中国が含まれる。イブン・バットゥータは史上最も偉大な旅行家の一人と考えられている。
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:religion
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 44245 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 70608 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 544 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59121064 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:birthPlace
prop-ja:caption
  • イブン・バットゥータの1325年-1332年における旅程。北アフリカ、イラク、ペルシア、アラビア半島、ソマリア、スワヒリ海岸を旅した。
  • イブン・バットゥータの1349年から1354年にかけての旅程。北アフリカ、スペイン、西アフリカを旅した。
  • イブン・バットゥータの1332年から1346年にかけての旅程。黒海沿岸地区、中央アジア、インド、東南アジア、中国を旅した。
  • イブン・バットゥータ
prop-ja:color
  • #B0C4DE
prop-ja:deathPlace
prop-ja:era
prop-ja:ethnicity
  • ベルベル人
prop-ja:float
  • none
prop-ja:name
  • イブン・バットゥータ
prop-ja:nativeName
  • أبو عبد الله محمد بن عبد الله اللواتي الطنجي بن بطوطة
prop-ja:nativeNameLang
  • ar
prop-ja:occupation
prop-ja:overlayImage
  • Battuta-path-1325-1326.png
  • Battuta-path-1332-1346.png
  • Battuta-path-1349-1354.png
prop-ja:religion
prop-ja:width
  • 800 (xsd:integer)
  • 900 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
georss:point
  • 22.330833333333334 36.49027777777778
rdf:type
rdfs:comment
  • イブン・バットゥータ(英語: Ibn Battuta [ˌɪbənbætˈtuːtɑː]、アラビア語: أبو عبد الله محمد بن عبد الله اللواتي الطنجي بن بطوطة‎, アブー・アブドゥッラー・ムハンマド・イブン・アブドゥッラー・アッ=ラワーティー・アッ=タンジー)(1304年2月24日/25日 - 1368年/69年)はマリーン朝のベルベル人の探検家である。彼の旅行記『諸都市の新奇さと旅の驚異に関する観察者たちへの贈り物』(تحفة النظار في غرائب الأمصار وعجائب الأسفار‎ tuḥfat al-naẓār fī ġarāʾib al-ʾamṣār wa-ʿaǧāʾib al-ʾasfār、通称Rihla)にまとめられた広範にわたる旅行で知られる。30年間をかけ既知のイスラム世界、そして非イスラムの地を旅した。彼の旅した地には北アフリカ、アフリカの角、西アフリカ、東ヨーロッパ、中東、南アジア、中央アジア、東南アジア、中国が含まれる。イブン・バットゥータは史上最も偉大な旅行家の一人と考えられている。
rdfs:label
  • イブン・バットゥータ
owl:sameAs
geo:lat
  • 22.330833 (xsd:float)
geo:long
  • 36.490276 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • イブン・バットゥータ
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of