Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • イヌクシュク (inuksuk,複:inuksuit) は、イヌクティトゥット語の「 ᐃᓄᒃᓱᒃ, 複: ᐃᓄᒃᓱᐃᑦ; 英: inukshuk , inukhuk)」から生まれた語で、人により積み上げられた石組ケアンを意味する。石で作られた目印または人が積み上げたケアンを指す語としてイヌクシュクの語は、イヌイット、イヌピアト、カラーリット、ユピク、その他北アメリカの北極地域の民族で使われている。イヌクシュクは、アラスカからグリーンランドに至る地域に見られる。この地域は北極圏より上にあってツンドラバイオームに占められており、自然の目印をほとんど持たない地域である。イヌクシュクは交通の要所における標識として使われた可能性があり、旅のルート、釣り場、駐留地、狩猟場、聖地、ドリフト・フェンス、食糧貯蔵地などを示したと考えられる。北アラスカのイヌピアトは、カリブーの移動の際、屠殺場への誘導にイヌクシュクを利用した。イヌクシュクにはさまざまな形、大きさがあり、古代イヌイット文化にその起源を持つ。歴史的には、最も一般的なイヌクシュクは、石を一本の柱に積み上げる様式のものである。イヌイット文化における人型もしくは十字架型のイヌクシュクの発達が、ヨーロッパの宣教師や探検家出現の以前だったのか以後だったのかについては説が分かれる。いくつかのイヌクシュクは、その大きさからコミュニティの建設協力があったことを示唆している。バフィン島のエヌクソ・ポイントには、100基以上のイヌクシュクがある。この地域は1969年にカナダ国定史跡に指定されている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3073118 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9951 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 89 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59134174 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • イヌクシュク (inuksuk,複:inuksuit) は、イヌクティトゥット語の「 ᐃᓄᒃᓱᒃ, 複: ᐃᓄᒃᓱᐃᑦ; 英: inukshuk , inukhuk)」から生まれた語で、人により積み上げられた石組ケアンを意味する。石で作られた目印または人が積み上げたケアンを指す語としてイヌクシュクの語は、イヌイット、イヌピアト、カラーリット、ユピク、その他北アメリカの北極地域の民族で使われている。イヌクシュクは、アラスカからグリーンランドに至る地域に見られる。この地域は北極圏より上にあってツンドラバイオームに占められており、自然の目印をほとんど持たない地域である。イヌクシュクは交通の要所における標識として使われた可能性があり、旅のルート、釣り場、駐留地、狩猟場、聖地、ドリフト・フェンス、食糧貯蔵地などを示したと考えられる。北アラスカのイヌピアトは、カリブーの移動の際、屠殺場への誘導にイヌクシュクを利用した。イヌクシュクにはさまざまな形、大きさがあり、古代イヌイット文化にその起源を持つ。歴史的には、最も一般的なイヌクシュクは、石を一本の柱に積み上げる様式のものである。イヌイット文化における人型もしくは十字架型のイヌクシュクの発達が、ヨーロッパの宣教師や探検家出現の以前だったのか以後だったのかについては説が分かれる。いくつかのイヌクシュクは、その大きさからコミュニティの建設協力があったことを示唆している。バフィン島のエヌクソ・ポイントには、100基以上のイヌクシュクがある。この地域は1969年にカナダ国定史跡に指定されている。
rdfs:label
  • イヌクシュク
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of