Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • イタリック体(イタリックたい、英: italic type)とはアルファベットの書体の一つである。特に小文字において、筆記体(cursive)に似た装飾が特徴である。ほとんどの場合右側に傾いているため、しばしば斜体と混同ないし同一視される。(実際は両者は異なる概念。字形の節参照)元々は15世紀の伊・ヴェネツィアで聖書の紙面スペースを節約するために考案され、従って当初は手書き(筆記体)の本文用書体であったことが「イタリック体」の由来である。16世紀に金属活字となって普及したが、17世紀以降は本文はもっぱら立体(正立した書体)を用いることが一般的になり、現在では立体などと共にフォントの属性を成し、文章の本文の中で語を強調したり周囲と区別したりするなどの補助的な用途に用いられることが多い。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1076347 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7778 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 102 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57917500 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • イタリック体(イタリックたい、英: italic type)とはアルファベットの書体の一つである。特に小文字において、筆記体(cursive)に似た装飾が特徴である。ほとんどの場合右側に傾いているため、しばしば斜体と混同ないし同一視される。(実際は両者は異なる概念。字形の節参照)元々は15世紀の伊・ヴェネツィアで聖書の紙面スペースを節約するために考案され、従って当初は手書き(筆記体)の本文用書体であったことが「イタリック体」の由来である。16世紀に金属活字となって普及したが、17世紀以降は本文はもっぱら立体(正立した書体)を用いることが一般的になり、現在では立体などと共にフォントの属性を成し、文章の本文の中で語を強調したり周囲と区別したりするなどの補助的な用途に用いられることが多い。
rdfs:label
  • イタリック体
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of