Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • イソフラボン (isoflavone) はフラボノイドの一種。狭義では分子式 C15H10O2、分子量 222.24 の有機化合物のひとつ、3-フェニルクロモン (3-phenylchromone) を指し、広義には後述のイソフラボン類に属する誘導体をイソフラボンと称する。狭義のイソフラボンは生物では検出されない。生物ではフラバノンの異性化反応によって 5,7,3'-トリヒドロキシフラボンが作られ、多くは配糖体として蓄えられる。
dbpedia-owl:imageSize
  • 150 (xsd:integer)
  • 200 (xsd:integer)
dbpedia-owl:iupacName
  • 3-phenyl-4H-1-benzopyran-4-one
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1308189 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 11810 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 97 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59182124 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:iupac名
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:別称
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:画像
  • Isoflavone-3D-balls.png
prop-ja:画像サイズ
  • 150 (xsd:integer)
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:画像ファイル
  • Isoflavone acsv.svg
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • イソフラボン (isoflavone) はフラボノイドの一種。狭義では分子式 C15H10O2、分子量 222.24 の有機化合物のひとつ、3-フェニルクロモン (3-phenylchromone) を指し、広義には後述のイソフラボン類に属する誘導体をイソフラボンと称する。狭義のイソフラボンは生物では検出されない。生物ではフラバノンの異性化反応によって 5,7,3'-トリヒドロキシフラボンが作られ、多くは配糖体として蓄えられる。
rdfs:label
  • イソフラボン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 3-フェニルクロモン
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of