Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • イソクエン酸デヒドロゲナーゼ(isocitrate dehydrogenase, IDH)は、イソクエン酸と2-オキソグルタル酸とを相互変換する酸化還元酵素である。イソクエン酸デヒドロゲナーゼにはイソクエン酸デヒドロゲナーゼ (NAD+)(EC 1.1.1.41)と、イソクエン酸デヒドロゲナーゼ (NADP+)(EC 1.1.1.42)の2種が存在するがクエン酸回路を構成するのは前者の方である。クエン酸回路を構成するイソクエン酸デヒドロゲナーゼ (NAD+)は二段階でイソクエン酸から2-オキソグルタル酸に変換している。まず、イソクエン酸(二級アルコール)のオキサロコハク酸(ケトン)への酸化をしたのち、続いてこのオキサロコハク酸のβ-カルボキシル基を脱炭酸することによりα-ケトグルタル酸へ変換される。もう一方のイソクエン酸デヒドロゲナーゼ (NADP+)も同じ反応をするが、こちらの反応はクエン酸回路とは関係がなく、ミトコンドリア、ペルオキシソームと同様に細胞質基質で行われ、補因子もNAD+ではなくNADP+が使われる。
dbpedia-owl:casNumber
  • 9001-58-5
  • 9028-48-2
dbpedia-owl:ecNumber
  • 1.1.1.41
  • 1.1.1.42
  • 1/1/1/41
  • 1/1/1/42
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1915399 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2340 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 20 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51745115 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:arm
  • q
prop-ja:band
  • 32 (xsd:integer)
prop-ja:caption
  • Found in Escherichia coli
prop-ja:casNumber
  • 9001 (xsd:integer)
  • 9028 (xsd:integer)
prop-ja:chromosome
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:ecNumber
  • 1.100000 (xsd:double)
prop-ja:ecnumber
  • 1.100000 (xsd:double)
prop-ja:entrezgene
  • 3417 (xsd:integer)
prop-ja:hgncid
  • 5382 (xsd:integer)
prop-ja:iubmbEcNumber
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:locussupplementarydata
  • -qter
prop-ja:name
  • イソクエン酸デヒドロゲナーゼ
prop-ja:omim
  • 147700 (xsd:integer)
prop-ja:pdb
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:refseq
  • NM_005896
prop-ja:symbol
  • IDH1
prop-ja:uniprot
  • O75874
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • イソクエン酸デヒドロゲナーゼ(isocitrate dehydrogenase, IDH)は、イソクエン酸と2-オキソグルタル酸とを相互変換する酸化還元酵素である。イソクエン酸デヒドロゲナーゼにはイソクエン酸デヒドロゲナーゼ (NAD+)(EC 1.1.1.41)と、イソクエン酸デヒドロゲナーゼ (NADP+)(EC 1.1.1.42)の2種が存在するがクエン酸回路を構成するのは前者の方である。クエン酸回路を構成するイソクエン酸デヒドロゲナーゼ (NAD+)は二段階でイソクエン酸から2-オキソグルタル酸に変換している。まず、イソクエン酸(二級アルコール)のオキサロコハク酸(ケトン)への酸化をしたのち、続いてこのオキサロコハク酸のβ-カルボキシル基を脱炭酸することによりα-ケトグルタル酸へ変換される。もう一方のイソクエン酸デヒドロゲナーゼ (NADP+)も同じ反応をするが、こちらの反応はクエン酸回路とは関係がなく、ミトコンドリア、ペルオキシソームと同様に細胞質基質で行われ、補因子もNAD+ではなくNADP+が使われる。
rdfs:label
  • イソクエン酸デヒドロゲナーゼ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • イソクエン酸デヒドロゲナーゼ (NAD+)
  • イソクエン酸デヒドロゲナーゼ (NADP+)
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of