Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • イザベル・デ・コインブラ (Isabel de Coimbra, 1432年 - 1455年12月2日)は、ポルトガル王アフォンソ5世の最初の妃。コインブラ公ペドロ(ドゥアルテ1世の弟)とウルジェイ(ウルヘル)女伯エリサベ(イザベル)の娘として生まれた。1448年5月、従兄アフォンソと結婚した。翌1449年、夫によって父ペドロが戦死に追い込まれた。アフォンソとの間には3子が生まれた。ジョアン(1451年 - 1455年)ジョアナ(1452年 - 1490年) 別名聖ジョアナ。1695年、ローマ教皇インノケンティウス12世により列聖。ジョアン2世(1455年 - 1495年)第3子ジョアンを出産から8ヶ月後、イザベルは急病となりそのまま没した。毒殺であるといわれている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1166927 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 724 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 18 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51061620 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • イザベル・デ・コインブラ (Isabel de Coimbra, 1432年 - 1455年12月2日)は、ポルトガル王アフォンソ5世の最初の妃。コインブラ公ペドロ(ドゥアルテ1世の弟)とウルジェイ(ウルヘル)女伯エリサベ(イザベル)の娘として生まれた。1448年5月、従兄アフォンソと結婚した。翌1449年、夫によって父ペドロが戦死に追い込まれた。アフォンソとの間には3子が生まれた。ジョアン(1451年 - 1455年)ジョアナ(1452年 - 1490年) 別名聖ジョアナ。1695年、ローマ教皇インノケンティウス12世により列聖。ジョアン2世(1455年 - 1495年)第3子ジョアンを出産から8ヶ月後、イザベルは急病となりそのまま没した。毒殺であるといわれている。
rdfs:label
  • イザベル・デ・コインブラ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:母親 of
is prop-ja:配偶者 of
is foaf:primaryTopic of