Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • イザベラ・フォン・バイエルン(Isabella von Bayern, 1863年8月31日 ニンフェンブルク宮殿 - 1924年2月26日 ローマ)は、バイエルンの王族、バイエルン王女(Prinzessin von Bayern)。全名はマリー・イザベラ・ルイーゼ・アマーリエ・エルフィラ・ブランケ・エレオノーレ(Marie Isabella Luise Amalie Elvira Blanche Eleonore von Bayern)。イタリア王族のジェノヴァ公トンマーゾに嫁いだ。イタリア語名はイザベッラ・マリーア・エリザベッタ・ディ・バヴィエーラ(Isabella Maria Elisabetta di Baviera)。バイエルン王ルートヴィヒ1世の四男アーダルベルト王子と、その妻のスペイン王女アマリアの間の長女として、ミュンヘンのニンフェンブルク宮殿で生まれた。1883年4月14日にニンフェンブルクにおいて、ジェノヴァ公トンマーゾと結婚した。トンマーゾの姉マルゲリータはイタリア王ウンベルト1世の妃であった。イザベラは1924年、気管支肺炎によりローマで死去した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2237677 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1403 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 26 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47050947 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • イザベラ・フォン・バイエルン(Isabella von Bayern, 1863年8月31日 ニンフェンブルク宮殿 - 1924年2月26日 ローマ)は、バイエルンの王族、バイエルン王女(Prinzessin von Bayern)。全名はマリー・イザベラ・ルイーゼ・アマーリエ・エルフィラ・ブランケ・エレオノーレ(Marie Isabella Luise Amalie Elvira Blanche Eleonore von Bayern)。イタリア王族のジェノヴァ公トンマーゾに嫁いだ。イタリア語名はイザベッラ・マリーア・エリザベッタ・ディ・バヴィエーラ(Isabella Maria Elisabetta di Baviera)。バイエルン王ルートヴィヒ1世の四男アーダルベルト王子と、その妻のスペイン王女アマリアの間の長女として、ミュンヘンのニンフェンブルク宮殿で生まれた。1883年4月14日にニンフェンブルクにおいて、ジェノヴァ公トンマーゾと結婚した。トンマーゾの姉マルゲリータはイタリア王ウンベルト1世の妃であった。イザベラは1924年、気管支肺炎によりローマで死去した。
rdfs:label
  • イザベラ・フォン・バイエルン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of