Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • イサベル・フェルナンダ・フランシスカ・ホセフィーナ・デ・ボルボン・イ・ボルボン=ドス・シシリアス(Isabel Fernanda Francisca Josefina de Borbón y Borbón-Dos Sicilias, 1821年5月18日 アランフエス - 1897年5月8日 パリ)は、スペインの王族、スペイン王女(Infanta de España)。イサベル2世女王の従姉、義姉。スペイン王フェルナンド7世の末弟であるカディス公フランシスコ・デ・パウラと、その妻で両シチリア王フランチェスコ1世の娘であるルイサ・カルロータの間の第2子、長女として生まれた。パリのオワゾー修道院(Couvent des Oiseaux)の女子寮に預けられていたが、16歳の時にポーランド人亡命貴族で馬術教師のイグナツィ・グロフスキ伯爵(Ignacy Wenzel Gurowski, 1812年 - 1887年)とブリュッセルへ駆け落ちし、スキャンダルを引き起こした。2人は1841年6月26日、ドーヴァーにおいて結婚し、間に8人の子女をもうけた。1846年にイサベル・フェルナンダの弟フランシスコ・デ・アシースが従妹の女王イサベル2世と結婚すると、ベルギーの貴族社会はイサベル・フェルナンダを無視することはできなくなり、宮廷社交界へ迎えられた。しかし王女が見境なく様々な場に出向いたことで、逆にゴシップの種をまく結果となった。1854年、夫や子供たちとともにスペインへの帰国を許された。次男のフェルナンド(1848年 - 1875年)は初代ボンダー・レアル侯爵(I marqués de Bondad Real)に叙せられたが、未婚で死去したため1代で断絶した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2588709 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2167 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 29 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58224494 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • イサベル・フェルナンダ・フランシスカ・ホセフィーナ・デ・ボルボン・イ・ボルボン=ドス・シシリアス(Isabel Fernanda Francisca Josefina de Borbón y Borbón-Dos Sicilias, 1821年5月18日 アランフエス - 1897年5月8日 パリ)は、スペインの王族、スペイン王女(Infanta de España)。イサベル2世女王の従姉、義姉。スペイン王フェルナンド7世の末弟であるカディス公フランシスコ・デ・パウラと、その妻で両シチリア王フランチェスコ1世の娘であるルイサ・カルロータの間の第2子、長女として生まれた。パリのオワゾー修道院(Couvent des Oiseaux)の女子寮に預けられていたが、16歳の時にポーランド人亡命貴族で馬術教師のイグナツィ・グロフスキ伯爵(Ignacy Wenzel Gurowski, 1812年 - 1887年)とブリュッセルへ駆け落ちし、スキャンダルを引き起こした。2人は1841年6月26日、ドーヴァーにおいて結婚し、間に8人の子女をもうけた。1846年にイサベル・フェルナンダの弟フランシスコ・デ・アシースが従妹の女王イサベル2世と結婚すると、ベルギーの貴族社会はイサベル・フェルナンダを無視することはできなくなり、宮廷社交界へ迎えられた。しかし王女が見境なく様々な場に出向いたことで、逆にゴシップの種をまく結果となった。1854年、夫や子供たちとともにスペインへの帰国を許された。次男のフェルナンド(1848年 - 1875年)は初代ボンダー・レアル侯爵(I marqués de Bondad Real)に叙せられたが、未婚で死去したため1代で断絶した。
rdfs:label
  • イサベル・フェルナンダ・デ・ボルボン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of