Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • イサベル・デ・ポルトゥガル・イ・アラゴン(Isabel de Portugal y Aragón)またはイサベル・デ・アビス・イ・トラスタマラ(Isabel de Avis y Trastámara, 1503年10月23日 - 1539年5月1日)は、神聖ローマ皇帝兼スペイン王カール5世(カルロス1世)の妃(神聖ローマ皇后、スペイン王妃)。ポルトガル王マヌエル1世と2番目の王妃マリアの長女で、ポルトガル語名はイザベル(Isabel de Portugal)、ドイツ語名はイザベラ・フォン・ポルトゥガル(Isabella von Portugal)。母マリアはアラゴン王フェルナンド2世とカスティーリャ女王イサベル1世の三女であり、マヌエル1世の最初の王妃であるイサベル、およびカスティーリャ女王フアナの妹であった。イサベル(イザベル)の名は祖母イサベル女王と伯母から取られたものである。マヌエル1世の3番目の王妃は、フアナ女王の娘でイサベルの従姉に当たるレオノールであったが、1521年にマヌエル1世と死別した後、フランス王フランソワ1世と再婚した。1526年に、神聖ローマ皇帝およびスペイン王になっていたカール5世と結婚した。カール5世はレオノールの弟であり、イサベルとは従兄妹であった。前年の1525年にはイサベルの兄ジョアン3世とカールの妹カタリナが結婚しており、この二重結婚によってハプスブルク家とアヴィシュ家(ポルトガル王家)の結びつきを新たにするものであった。イサベルはカール5世との間に5人の子をもうけた(スペイン名で記す)。フェリペ2世(1527年 - 1598年) - スペイン王、後にポルトガル王位を継承。マリア(1528年 - 1603年) - 神聖ローマ皇帝マクシミリアン2世の皇后。フェルナンド(1530年)フアナ(1535年 - 1573年) - ポルトガル王ジョアン3世の子ジョアン・マヌエル王太子の妃、セバスティアン1世の母。フアン(1539年)ヨーロッパ中を巡り続けていた夫に代わって、その知性と美貌で知られたイサベルはスペインで摂政を務めた(1529年から1532年、1535年から1539年)。1539年、夫の不在時にイサベルは末子を出産の際、難産で死去した。以後カール5世は再婚せず、死ぬまで黒の喪服ですごした。1556年の退位後、カールはスペインの修道院に隠棲するが、1558年に死去するまで亡き妻を思い続けたといわれる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 921975 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1857 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 42 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51062599 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • イサベル・デ・ポルトゥガル・イ・アラゴン(Isabel de Portugal y Aragón)またはイサベル・デ・アビス・イ・トラスタマラ(Isabel de Avis y Trastámara, 1503年10月23日 - 1539年5月1日)は、神聖ローマ皇帝兼スペイン王カール5世(カルロス1世)の妃(神聖ローマ皇后、スペイン王妃)。ポルトガル王マヌエル1世と2番目の王妃マリアの長女で、ポルトガル語名はイザベル(Isabel de Portugal)、ドイツ語名はイザベラ・フォン・ポルトゥガル(Isabella von Portugal)。母マリアはアラゴン王フェルナンド2世とカスティーリャ女王イサベル1世の三女であり、マヌエル1世の最初の王妃であるイサベル、およびカスティーリャ女王フアナの妹であった。イサベル(イザベル)の名は祖母イサベル女王と伯母から取られたものである。マヌエル1世の3番目の王妃は、フアナ女王の娘でイサベルの従姉に当たるレオノールであったが、1521年にマヌエル1世と死別した後、フランス王フランソワ1世と再婚した。1526年に、神聖ローマ皇帝およびスペイン王になっていたカール5世と結婚した。カール5世はレオノールの弟であり、イサベルとは従兄妹であった。前年の1525年にはイサベルの兄ジョアン3世とカールの妹カタリナが結婚しており、この二重結婚によってハプスブルク家とアヴィシュ家(ポルトガル王家)の結びつきを新たにするものであった。イサベルはカール5世との間に5人の子をもうけた(スペイン名で記す)。フェリペ2世(1527年 - 1598年) - スペイン王、後にポルトガル王位を継承。マリア(1528年 - 1603年) - 神聖ローマ皇帝マクシミリアン2世の皇后。フェルナンド(1530年)フアナ(1535年 - 1573年) - ポルトガル王ジョアン3世の子ジョアン・マヌエル王太子の妃、セバスティアン1世の母。フアン(1539年)ヨーロッパ中を巡り続けていた夫に代わって、その知性と美貌で知られたイサベルはスペインで摂政を務めた(1529年から1532年、1535年から1539年)。1539年、夫の不在時にイサベルは末子を出産の際、難産で死去した。以後カール5世は再婚せず、死ぬまで黒の喪服ですごした。1556年の退位後、カールはスペインの修道院に隠棲するが、1558年に死去するまで亡き妻を思い続けたといわれる。
rdfs:label
  • イサベル・デ・ポルトゥガル・イ・アラゴン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:母親 of
is prop-ja:配偶者 of
is foaf:primaryTopic of