Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • イグナチオ・デ・ロヨラ(Ignacio López de Loyola、またはInigo Oinaz Loiola、バスク語:Ignazio Loiolakoa、1491年12月24日 -1556年7月31日)はカスティーリャ王国領バスク地方出身の修道士。カトリック教会の修道会であるイエズス会の創立者の一人にして初代総長。バスク人。同会の会員は教皇への厳しい服従をモットーに世界各地で活躍し、現代に至っている。イグナチオは『霊操』の著者としても有名で、対抗改革の中で大きな役割を果たした。カトリック教会の聖人で記念日(聖名祝日)は7月31日である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 23455 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5097 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 83 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58943947 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:出生地
  • カスティーリャ王国領ギプスコア地方アスペイティア
prop-ja:出身校
  • パリ大学
prop-ja:名前
  • イグナチオ・デ・ロヨラ
prop-ja:教会
prop-ja:死没地
  • 教皇領ローマ
prop-ja:民族
prop-ja:没年月日
  • 1556-07-31 (xsd:date)
prop-ja:生年月日
  • --10-23
prop-ja:画像
  • Ignatius Loyola.jpg
dcterms:subject
rdfs:comment
  • イグナチオ・デ・ロヨラ(Ignacio López de Loyola、またはInigo Oinaz Loiola、バスク語:Ignazio Loiolakoa、1491年12月24日 -1556年7月31日)はカスティーリャ王国領バスク地方出身の修道士。カトリック教会の修道会であるイエズス会の創立者の一人にして初代総長。バスク人。同会の会員は教皇への厳しい服従をモットーに世界各地で活躍し、現代に至っている。イグナチオは『霊操』の著者としても有名で、対抗改革の中で大きな役割を果たした。カトリック教会の聖人で記念日(聖名祝日)は7月31日である。
rdfs:label
  • イグナチオ・デ・ロヨラ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of