Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • イギリス組曲(イギリスくみきょく)BWV 806-811(Englische Suiten BWV 806-811)は、ヨハン・ゼバスティアン・バッハの鍵盤楽器のための組曲集。6つの組曲からなり、各に前奏曲・アルマンド・クーラント・サラバンド・メヌエット・ジーグなどが配されている。ケーテン時代の1710年代末頃に成立、1725年頃までに推敲が終了した。第1組曲の初稿(BWV 806a)の成立時期はヴァイマル時代の1712年頃にまで遡る。20世紀半ばまではフランス組曲以後の作品と考えられていたが、7つのトッカータ(1707-13年)と同様、バッハのクラヴィーア曲集としては初期の、特に組曲としては最初期の作品にあたる。自筆譜は第3組曲第1曲第181-187小節の7小節しか残っていない。名称の由来は確実ではない。「ある高貴なイギリス人のために書かれた」ためにイギリス組曲と呼ばれるようになったという伝記作家ヨハン・ニコラウス・フォルケル(Johan Nicolaus Forkel, 1749-1818)の報告が有名である。他に、ヨハン・クリスティアン・バッハが伝承した筆写譜の第1組曲(BWV 806)の表題には「イギリス人のために作曲」(pour les Angois)の一文がある。イギリス組曲の校訂者デーンハルトは、今日伝わっている大半の筆写譜の大譜表の音部記号の組み合わせが、従来バッハが用いていた「ドイツ式」ではなく「イギリス式」(今日と同じヴァイオリン記号、バス記号)であることが、伝承の真実性を示唆するとともに、名称の由来になったと推測している。作品はロンドンで活躍したフランス人作曲家デュパール(Charles Dieupart, 1667?-1740)の「クラヴサンのための6つの組曲(Six Suittes de clavessin)」(1701年)の影響を受けている。デュパールはコンセール的なジャンルであった「フランス風序曲(ouverture)」をクラヴィーア組曲(古典組曲)の導入楽章に組み込んだパイオニアの一人でもあった。第1組曲プレリュードの主題は、デュパールの組曲(第1組曲イ長調ジーグ)のモチーフの引用である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1079015 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4793 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 39 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59165406 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cname
  • イギリス組曲 BWV806-811
prop-ja:description
  • Martha Goldstein(2006年)
prop-ja:filename
  • Johann Sebastian Bach - The English Suite -1 - 17EDouble2.ogg
  • Johann Sebastian Bach - English Suite No. 3 in G minor - Courante.ogg
  • Johann Sebastian Bach - English Suite No. 3 in G minor - Gavotte I and II.ogg
  • Johann Sebastian Bach - English Suite No. 3 in G minor - Gigue.ogg
  • Johann Sebastian Bach - The English Suite -1 - 19EBouree1and2.ogg
  • Johann Sebastian Bach - The English Suite -1 - 14ECourante1.ogg
  • Johann Sebastian Bach - English Suite No. 3 in G minor - Sarabande.ogg
  • Johann Sebastian Bach - The English Suite -1 - 18ESarabande.ogg
  • Johann Sebastian Bach - The English Suite -1 - 20EGigue.ogg
  • Johann Sebastian Bach - English Suite No. 3 in G minor - Allemande.ogg
  • Johann Sebastian Bach - The English Suite -1 - 13EAllemande.ogg
  • Johann Sebastian Bach - English Suite No. 3 in G minor - Prelude.ogg
  • Johann Sebastian Bach - The English Suite -1 - 15ECourante2.ogg
  • Johann Sebastian Bach - The English Suite -1 - 16EDouble1.ogg
  • Johann Sebastian Bach - The English Suite -1 - 12EPrelude.ogg
prop-ja:header
  • 第1番イ長調 BWV 806
  • 第3番ト短調 BWV 808
prop-ja:id
  • English_Suites%2C_BWV_806-811_%28Bach%2C_Johann_Sebastian%29
prop-ja:title
  • 前奏曲
  • アルマンド
  • クーラント
  • サラバンド
  • ジーグ
  • ガヴォットI・II
  • クーラントI
  • クーラントII
  • ドゥーブルI
  • ドゥーブルII
  • ブーレI・II
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • イギリス組曲(イギリスくみきょく)BWV 806-811(Englische Suiten BWV 806-811)は、ヨハン・ゼバスティアン・バッハの鍵盤楽器のための組曲集。6つの組曲からなり、各に前奏曲・アルマンド・クーラント・サラバンド・メヌエット・ジーグなどが配されている。ケーテン時代の1710年代末頃に成立、1725年頃までに推敲が終了した。第1組曲の初稿(BWV 806a)の成立時期はヴァイマル時代の1712年頃にまで遡る。20世紀半ばまではフランス組曲以後の作品と考えられていたが、7つのトッカータ(1707-13年)と同様、バッハのクラヴィーア曲集としては初期の、特に組曲としては最初期の作品にあたる。自筆譜は第3組曲第1曲第181-187小節の7小節しか残っていない。名称の由来は確実ではない。「ある高貴なイギリス人のために書かれた」ためにイギリス組曲と呼ばれるようになったという伝記作家ヨハン・ニコラウス・フォルケル(Johan Nicolaus Forkel, 1749-1818)の報告が有名である。他に、ヨハン・クリスティアン・バッハが伝承した筆写譜の第1組曲(BWV 806)の表題には「イギリス人のために作曲」(pour les Angois)の一文がある。イギリス組曲の校訂者デーンハルトは、今日伝わっている大半の筆写譜の大譜表の音部記号の組み合わせが、従来バッハが用いていた「ドイツ式」ではなく「イギリス式」(今日と同じヴァイオリン記号、バス記号)であることが、伝承の真実性を示唆するとともに、名称の由来になったと推測している。作品はロンドンで活躍したフランス人作曲家デュパール(Charles Dieupart, 1667?-1740)の「クラヴサンのための6つの組曲(Six Suittes de clavessin)」(1701年)の影響を受けている。デュパールはコンセール的なジャンルであった「フランス風序曲(ouverture)」をクラヴィーア組曲(古典組曲)の導入楽章に組み込んだパイオニアの一人でもあった。第1組曲プレリュードの主題は、デュパールの組曲(第1組曲イ長調ジーグ)のモチーフの引用である。
rdfs:label
  • イギリス組曲 (バッハ)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of