イギリス帝国(イギリスていこく、英語: British Empire)は、イギリスとその植民地・海外領土などの総称である。大英帝国(だいえいていこく)ともいう。 帝国は時代ごとの性質により、以下のように区分される。 1. * アイルランドや北アメリカ大陸に入植し、北米植民地およびカリブ海植民地との貿易を中心にした時代 2. * アメリカ独立からアジア・アフリカに転じて最盛期を築いた19世紀半ばまでの自由貿易時代 3. * 自由貿易を維持しつつもドイツ帝国など後発工業国の追い上げを受け植民地拡大を行った帝国主義時代 4. * 20世紀に入って各植民地が独自の外交権限を得たウェストミンスター憲章以後の時代 一般に大英帝国とよばれるのは、特に3と4の時代である。1と2を「第1帝国」、3と4を「第2帝国」と呼び、後者の繁栄を象徴するものとしてはイースタン・テレグラフ・カンパニー(大東電信会社)の海底ケーブルが挙げられる。 大英帝国は、その全盛期には全世界の陸地と人口の4分の1を版図に収めた史上最大の面積を誇った帝国である。唯一の超大国と呼べる地位にあり、第一次世界大戦終結から第二次世界大戦までの間は、アメリカ合衆国とともに超大国であった。第二次世界大戦後、イギリスは超大国の地位からは離れ、各植民地を独立させることでイギリス連邦を発足させた。

Property Value
dbo:abstract
  • イギリス帝国(イギリスていこく、英語: British Empire)は、イギリスとその植民地・海外領土などの総称である。大英帝国(だいえいていこく)ともいう。 帝国は時代ごとの性質により、以下のように区分される。 1. * アイルランドや北アメリカ大陸に入植し、北米植民地およびカリブ海植民地との貿易を中心にした時代 2. * アメリカ独立からアジア・アフリカに転じて最盛期を築いた19世紀半ばまでの自由貿易時代 3. * 自由貿易を維持しつつもドイツ帝国など後発工業国の追い上げを受け植民地拡大を行った帝国主義時代 4. * 20世紀に入って各植民地が独自の外交権限を得たウェストミンスター憲章以後の時代 一般に大英帝国とよばれるのは、特に3と4の時代である。1と2を「第1帝国」、3と4を「第2帝国」と呼び、後者の繁栄を象徴するものとしてはイースタン・テレグラフ・カンパニー(大東電信会社)の海底ケーブルが挙げられる。 1898年当時ハリファックスからネルソン (ニュージーランド) まで世界横断したC&Wのケーブルは、鉱産資源が産出するバルパライソ-ブエノスアイレス-モンテビデオ間、ケープタウン-ダーバン間、ムンバイ-チェンナイ間、ダーウィン (ノーザンテリトリー)-アデレード-シドニー間の4区間だけ陸上を通った。これらの鉱産資源は大英帝国の手中にあり、今日も英米系大企業が利権を維持している。 大英帝国は、その全盛期には全世界の陸地と人口の4分の1を版図に収めた史上最大の面積を誇った帝国である。唯一の超大国と呼べる地位にあり、第一次世界大戦終結から第二次世界大戦までの間は、アメリカ合衆国とともに超大国であった。第二次世界大戦後、イギリスは超大国の地位からは離れ、各植民地を独立させることでイギリス連邦を発足させた。 イギリス帝国の終期は諸説あるが、早いものでは第一次世界大戦後のアメリカ合衆国の台頭や、ウェストミンスター憲章制定を以て終わりとする説。遅いもので第二次世界大戦後の1947年に、最大の植民地であるイギリス領インド帝国がインドとパキスタンとして独立し、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドのアングロサクソン移民地域も主権国家として独立した時期とする説などがある。 イギリス最後の植民地は香港であり、1997年の香港返還をもって一般的にイギリスではイギリス帝国の時代は終焉したとされている。 (ja)
  • イギリス帝国(イギリスていこく、英語: British Empire)は、イギリスとその植民地・海外領土などの総称である。大英帝国(だいえいていこく)ともいう。 帝国は時代ごとの性質により、以下のように区分される。 1. * アイルランドや北アメリカ大陸に入植し、北米植民地およびカリブ海植民地との貿易を中心にした時代 2. * アメリカ独立からアジア・アフリカに転じて最盛期を築いた19世紀半ばまでの自由貿易時代 3. * 自由貿易を維持しつつもドイツ帝国など後発工業国の追い上げを受け植民地拡大を行った帝国主義時代 4. * 20世紀に入って各植民地が独自の外交権限を得たウェストミンスター憲章以後の時代 一般に大英帝国とよばれるのは、特に3と4の時代である。1と2を「第1帝国」、3と4を「第2帝国」と呼び、後者の繁栄を象徴するものとしてはイースタン・テレグラフ・カンパニー(大東電信会社)の海底ケーブルが挙げられる。 1898年当時ハリファックスからネルソン (ニュージーランド) まで世界横断したC&Wのケーブルは、鉱産資源が産出するバルパライソ-ブエノスアイレス-モンテビデオ間、ケープタウン-ダーバン間、ムンバイ-チェンナイ間、ダーウィン (ノーザンテリトリー)-アデレード-シドニー間の4区間だけ陸上を通った。これらの鉱産資源は大英帝国の手中にあり、今日も英米系大企業が利権を維持している。 大英帝国は、その全盛期には全世界の陸地と人口の4分の1を版図に収めた史上最大の面積を誇った帝国である。唯一の超大国と呼べる地位にあり、第一次世界大戦終結から第二次世界大戦までの間は、アメリカ合衆国とともに超大国であった。第二次世界大戦後、イギリスは超大国の地位からは離れ、各植民地を独立させることでイギリス連邦を発足させた。 イギリス帝国の終期は諸説あるが、早いものでは第一次世界大戦後のアメリカ合衆国の台頭や、ウェストミンスター憲章制定を以て終わりとする説。遅いもので第二次世界大戦後の1947年に、最大の植民地であるイギリス領インド帝国がインドとパキスタンとして独立し、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドのアングロサクソン移民地域も主権国家として独立した時期とする説などがある。 イギリス最後の植民地は香港であり、1997年の香港返還をもって一般的にイギリスではイギリス帝国の時代は終焉したとされている。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 23832 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 25864 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81332546 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:亡国時期
  • 終期諸説あり (ja)
  • 終期諸説あり (ja)
prop-ja:位置画像
  • The British Empire.png (ja)
  • The British Empire.png (ja)
prop-ja:位置画像説明
  • イギリス帝国統治下の経験を有する国・地域。現在のイギリスの海外領土は赤い下線が引いてある。 (ja)
  • イギリス帝国統治下の経験を有する国・地域。現在のイギリスの海外領土は赤い下線が引いてある。 (ja)
prop-ja:元首等年代始
  • 1609 (xsd:integer)
  • 1707 (xsd:integer)
  • 1800 (xsd:integer)
  • 1857 (xsd:integer)
  • 1927 (xsd:integer)
prop-ja:元首等年代終
  • 1707 (xsd:integer)
  • 1800 (xsd:integer)
  • 1857 (xsd:integer)
  • 1927 (xsd:integer)
  • 1947 (xsd:integer)
prop-ja:元首等氏名
prop-ja:元首等肩書
prop-ja:先代
  • アイルランド王国 (ja)
  • イングランド王国 (ja)
  • スコットランド王国 (ja)
  • アイルランド王国 (ja)
  • イングランド王国 (ja)
  • スコットランド王国 (ja)
prop-ja:先旗
  • Flag of England.svg (ja)
  • Flag of Scotland.svg (ja)
  • Royal Standard of Ireland .svg (ja)
  • Flag of England.svg (ja)
  • Flag of Scotland.svg (ja)
  • Royal Standard of Ireland .svg (ja)
prop-ja:公式国名
  • (ja)
  • (ja)
prop-ja:公用語
prop-ja:国旗画像
  • Flag of the United Kingdom.svg (ja)
  • Flag of the United Kingdom.svg (ja)
prop-ja:国歌
  • 神よ女王を護り賜え (ja)
  • 神よ女王を護り賜え (ja)
prop-ja:変遷
  • アメリカ合衆国独立承認 (ja)
  • インド帝国成立 (ja)
  • インド独立 (ja)
  • ウェストミンスター憲章 (ja)
  • ジョージタウン建設 (ja)
  • 香港返還 (ja)
  • アメリカ合衆国独立承認 (ja)
  • インド帝国成立 (ja)
  • インド独立 (ja)
  • ウェストミンスター憲章 (ja)
  • ジョージタウン建設 (ja)
  • 香港返還 (ja)
prop-ja:変遷年月日
  • 1609 (xsd:integer)
  • 1781 (xsd:integer)
  • 1857 (xsd:integer)
  • 1931 (xsd:integer)
  • 1947 (xsd:integer)
  • 1997 (xsd:integer)
prop-ja:建国時期
  • 始期諸説あり (ja)
  • 始期諸説あり (ja)
prop-ja:日本語国名
  • イギリス帝国 (ja)
  • イギリス帝国 (ja)
prop-ja:次代
  • アメリカ合衆国 (ja)
  • イギリス連邦 (ja)
  • オーストラリア (ja)
  • カナダ (ja)
  • ニュージーランド (ja)
  • アイルランド共和国 (ja)
  • ニューファンドランド ニューファンドランド自治領 (ja)
  • グレートブリテン及び北アイルランド連合王国 (ja)
  • 南アフリカ連邦 (ja)
  • アメリカ合衆国 (ja)
  • イギリス連邦 (ja)
  • オーストラリア (ja)
  • カナダ (ja)
  • ニュージーランド (ja)
  • アイルランド共和国 (ja)
  • ニューファンドランド ニューファンドランド自治領 (ja)
  • グレートブリテン及び北アイルランド連合王国 (ja)
  • 南アフリカ連邦 (ja)
prop-ja:次旗
  • Flag of Ireland.svg (ja)
  • Flag of the United Kingdom.svg (ja)
  • Canadian Red Ensign 1921-1957.svg (ja)
  • Dominion_of_Newfoundland_Red_Ensign.svg (ja)
  • Flag of Australia.svg (ja)
  • Flag of New Zealand.svg (ja)
  • Flag of South Africa 1928-1994.svg (ja)
  • US flag 13 stars – Betsy Ross.svg (ja)
  • Flag of Ireland.svg (ja)
  • Flag of the United Kingdom.svg (ja)
  • Canadian Red Ensign 1921-1957.svg (ja)
  • Dominion_of_Newfoundland_Red_Ensign.svg (ja)
  • Flag of Australia.svg (ja)
  • Flag of New Zealand.svg (ja)
  • Flag of South Africa 1928-1994.svg (ja)
  • US flag 13 stars – Betsy Ross.svg (ja)
prop-ja:通貨
prop-ja:首都
dct:subject
rdfs:comment
  • イギリス帝国(イギリスていこく、英語: British Empire)は、イギリスとその植民地・海外領土などの総称である。大英帝国(だいえいていこく)ともいう。 帝国は時代ごとの性質により、以下のように区分される。 1. * アイルランドや北アメリカ大陸に入植し、北米植民地およびカリブ海植民地との貿易を中心にした時代 2. * アメリカ独立からアジア・アフリカに転じて最盛期を築いた19世紀半ばまでの自由貿易時代 3. * 自由貿易を維持しつつもドイツ帝国など後発工業国の追い上げを受け植民地拡大を行った帝国主義時代 4. * 20世紀に入って各植民地が独自の外交権限を得たウェストミンスター憲章以後の時代 一般に大英帝国とよばれるのは、特に3と4の時代である。1と2を「第1帝国」、3と4を「第2帝国」と呼び、後者の繁栄を象徴するものとしてはイースタン・テレグラフ・カンパニー(大東電信会社)の海底ケーブルが挙げられる。 大英帝国は、その全盛期には全世界の陸地と人口の4分の1を版図に収めた史上最大の面積を誇った帝国である。唯一の超大国と呼べる地位にあり、第一次世界大戦終結から第二次世界大戦までの間は、アメリカ合衆国とともに超大国であった。第二次世界大戦後、イギリスは超大国の地位からは離れ、各植民地を独立させることでイギリス連邦を発足させた。 (ja)
  • イギリス帝国(イギリスていこく、英語: British Empire)は、イギリスとその植民地・海外領土などの総称である。大英帝国(だいえいていこく)ともいう。 帝国は時代ごとの性質により、以下のように区分される。 1. * アイルランドや北アメリカ大陸に入植し、北米植民地およびカリブ海植民地との貿易を中心にした時代 2. * アメリカ独立からアジア・アフリカに転じて最盛期を築いた19世紀半ばまでの自由貿易時代 3. * 自由貿易を維持しつつもドイツ帝国など後発工業国の追い上げを受け植民地拡大を行った帝国主義時代 4. * 20世紀に入って各植民地が独自の外交権限を得たウェストミンスター憲章以後の時代 一般に大英帝国とよばれるのは、特に3と4の時代である。1と2を「第1帝国」、3と4を「第2帝国」と呼び、後者の繁栄を象徴するものとしてはイースタン・テレグラフ・カンパニー(大東電信会社)の海底ケーブルが挙げられる。 大英帝国は、その全盛期には全世界の陸地と人口の4分の1を版図に収めた史上最大の面積を誇った帝国である。唯一の超大国と呼べる地位にあり、第一次世界大戦終結から第二次世界大戦までの間は、アメリカ合衆国とともに超大国であった。第二次世界大戦後、イギリスは超大国の地位からは離れ、各植民地を独立させることでイギリス連邦を発足させた。 (ja)
rdfs:label
  • イギリス帝国 (ja)
  • イギリス帝国 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:birthPlace of
is dbo:deathPlace of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:combatant of
is prop-ja:region of
is prop-ja:usedBy of
is prop-ja:wars of
is prop-ja:出生地 of
is prop-ja:変遷 of
is prop-ja:建築主 of
is prop-ja:死没地 of
is prop-ja:生誕地 of
is prop-ja:締約国 of
is prop-ja:配備先 of
is dct:subject of
is foaf:primaryTopic of