Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • イギリス帝国(イギリスていこく、英語: British Empire)とは、イギリスとその植民地・海外領土などの総称である。大英帝国(だいえいていこく)ともいう。イギリス帝国British Empire国歌: 女王陛下万歳イギリス帝国の位置イギリス帝国統治下の経験を有する国・地域。現在のイギリスの海外領土は赤い下線が引いてある。帝国は時代ごとの性質により、以下のように区分できる。 アイルランドや北アメリカ大陸に入植し、北米植民地およびカリブ海植民地との貿易を中心にした時代 アメリカ独立からアジア・アフリカに転じて最盛期を築いた19世紀半ばまでの自由貿易時代 自由貿易を維持しつつもドイツ帝国など後発工業国の追い上げを受け植民地拡大を行った帝国主義時代 20世紀に入って各植民地が独自の外交権限を得たウェストミンスター憲章以後の時代一般に大英帝国とよばれるのは、特に3と4の時代である(名称については後段の名称を参照のこと)。1と2の時代を「第1帝国」、3と4の時代を「第2帝国」と呼ぶ。イギリス帝国の終期は諸説あるが、早くて第一次世界大戦後に対外的にはアメリカ合衆国が台頭し、国内的には戦争に犠牲を払った植民地に自治権を付与するウエストミンスター憲章制定を以て終わりとする説、遅いもので第2次世界大戦後の1947年に最大の植民地であるインド帝国がインドとパキスタンとして独立し、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドのアングロサクソン移民地域も主権国家として独立したころには「帝国」から「イギリス連邦」への移行が顕著になった時期とする説などがある。イギリスが最後の植民地を失ったのは1997年の香港返還である(そのころまでには島嶼など微小な「植民地」は海外領土などに位置づけが変更されていた)。大英帝国は、その全盛期には世界史上最大の面積を誇る帝国であり、唯一の超大国とも呼べる地位にあった。第一次世界大戦終結から第二次世界大戦までの間は、アメリカ合衆国とともに超大国であった。第二次世界大戦後にはイギリスは超大国の地位から陥落し、各植民地が独立してイギリス連邦が発足した。冷戦期には、アメリカ合衆国とともにソビエト連邦が超大国になった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 23832 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 22411 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 417 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58918484 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:亡国時期
  • 1931 (xsd:integer)
prop-ja:位置画像
  • The British Empire.png
prop-ja:位置画像説明
  • イギリス帝国統治下の経験を有する国・地域。現在のイギリスの海外領土は赤い下線が引いてある。
prop-ja:元首等年代始
  • 1609 (xsd:integer)
  • 1707 (xsd:integer)
  • 1800 (xsd:integer)
  • 1857 (xsd:integer)
  • 1927 (xsd:integer)
prop-ja:元首等年代終
  • 1707 (xsd:integer)
  • 1800 (xsd:integer)
  • 1857 (xsd:integer)
  • 1927 (xsd:integer)
  • 1931 (xsd:integer)
prop-ja:元首等氏名
prop-ja:元首等肩書
prop-ja:先代
  • イングランド王国
  • スコットランド王国
prop-ja:先旗
  • Flag of England.svg
  • Flag of Scotland.svg
prop-ja:公用語
prop-ja:国旗画像
  • Flag of the United Kingdom.svg
prop-ja:国歌
prop-ja:変遷
  • アメリカ合衆国独立承認
  • インド帝国成立
  • ウェストミンスター憲章
  • ジョージタウン建設
prop-ja:変遷年月日
  • 1609 (xsd:integer)
  • 1781 (xsd:integer)
  • 1857 (xsd:integer)
  • 1931 (xsd:integer)
prop-ja:建国時期
  • 1609 (xsd:integer)
prop-ja:日本語国名
  • イギリス帝国
prop-ja:次代
  • アメリカ合衆国
  • オーストラリア
  • カナダ
  • ニュージーランド
  • グレートブリテン及び北アイルランド連合王国
  • ニューファンドランド
  • 南アフリカ連邦
prop-ja:次旗
  • Flag of New Zealand.svg
  • Flag of the United Kingdom.svg
  • Canadian Red Ensign 1921-1957.svg
  • Dominion_of_Newfoundland_Red_Ensign.svg
  • Flag of Australia.svg
  • Flag of South Africa 1928-1994.svg
  • US flag 13 stars – Betsy Ross.svg
prop-ja:通貨
prop-ja:首都
dcterms:subject
rdfs:comment
  • イギリス帝国(イギリスていこく、英語: British Empire)とは、イギリスとその植民地・海外領土などの総称である。大英帝国(だいえいていこく)ともいう。イギリス帝国British Empire国歌: 女王陛下万歳イギリス帝国の位置イギリス帝国統治下の経験を有する国・地域。現在のイギリスの海外領土は赤い下線が引いてある。帝国は時代ごとの性質により、以下のように区分できる。 アイルランドや北アメリカ大陸に入植し、北米植民地およびカリブ海植民地との貿易を中心にした時代 アメリカ独立からアジア・アフリカに転じて最盛期を築いた19世紀半ばまでの自由貿易時代 自由貿易を維持しつつもドイツ帝国など後発工業国の追い上げを受け植民地拡大を行った帝国主義時代 20世紀に入って各植民地が独自の外交権限を得たウェストミンスター憲章以後の時代一般に大英帝国とよばれるのは、特に3と4の時代である(名称については後段の名称を参照のこと)。1と2の時代を「第1帝国」、3と4の時代を「第2帝国」と呼ぶ。イギリス帝国の終期は諸説あるが、早くて第一次世界大戦後に対外的にはアメリカ合衆国が台頭し、国内的には戦争に犠牲を払った植民地に自治権を付与するウエストミンスター憲章制定を以て終わりとする説、遅いもので第2次世界大戦後の1947年に最大の植民地であるインド帝国がインドとパキスタンとして独立し、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドのアングロサクソン移民地域も主権国家として独立したころには「帝国」から「イギリス連邦」への移行が顕著になった時期とする説などがある。イギリスが最後の植民地を失ったのは1997年の香港返還である(そのころまでには島嶼など微小な「植民地」は海外領土などに位置づけが変更されていた)。大英帝国は、その全盛期には世界史上最大の面積を誇る帝国であり、唯一の超大国とも呼べる地位にあった。第一次世界大戦終結から第二次世界大戦までの間は、アメリカ合衆国とともに超大国であった。第二次世界大戦後にはイギリスは超大国の地位から陥落し、各植民地が独立してイギリス連邦が発足した。冷戦期には、アメリカ合衆国とともにソビエト連邦が超大国になった。
rdfs:label
  • イギリス帝国
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:birthPlace of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:birthDate of
is prop-ja:combatant of
is prop-ja:usedBy of
is prop-ja:建築主 of
is foaf:primaryTopic of