Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • イギリスの映画では、イギリスの映画の歴史を記述する。イギリスにおける映画産業は、好景気と不況を繰り返してきた。業界の成功は色々な要素で測ることが可能だが、英国で製作された映画の数の推移 ([1]) は一つの指針となるであろう。1910年代には好調であったが、1920年代にはアメリカ映画に押されて停滞する。1927年にイギリスの議会によって制定された法令 (Cinematograph Films Act 1927) により映画産業は活性化され、1936年には英国映画史上最多の192本の作品が製作された。しかし急な発展が原因で、第二次世界大戦の間は再び不況に陥る。戦後になって映画産業は回復し、アメリカ人投資家たちの働きもあって長い安定期に入る。しかし1970年代半ばに再び不況に陥り、1981年には英国映画史上で最も少ない24本の映画しか製作されなかった。1990年代以降は再び盛り返してきている。イギリスにおける映画産業の歴史は複雑で、様々な文化的要素が関連している。最も成功したイギリス映画の一つである『炎のランナー』は、映画産業が最も低調であった1981年に製作された。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 964948 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 22155 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 413 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58497331 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • イギリスの映画では、イギリスの映画の歴史を記述する。イギリスにおける映画産業は、好景気と不況を繰り返してきた。業界の成功は色々な要素で測ることが可能だが、英国で製作された映画の数の推移 ([1]) は一つの指針となるであろう。1910年代には好調であったが、1920年代にはアメリカ映画に押されて停滞する。1927年にイギリスの議会によって制定された法令 (Cinematograph Films Act 1927) により映画産業は活性化され、1936年には英国映画史上最多の192本の作品が製作された。しかし急な発展が原因で、第二次世界大戦の間は再び不況に陥る。戦後になって映画産業は回復し、アメリカ人投資家たちの働きもあって長い安定期に入る。しかし1970年代半ばに再び不況に陥り、1981年には英国映画史上で最も少ない24本の映画しか製作されなかった。1990年代以降は再び盛り返してきている。イギリスにおける映画産業の歴史は複雑で、様々な文化的要素が関連している。最も成功したイギリス映画の一つである『炎のランナー』は、映画産業が最も低調であった1981年に製作された。
rdfs:label
  • イギリスの映画
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of