Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • イギリスの君主(イギリスのくんしゅ)はイギリスとその海外領土の立憲君主である。現在の君主はエリザベス2世であり、1952年2月6日から王位に就いている。エリザベス2世とその直近の王族は、さまざまな公務、儀式、国の代表としての職務を行う。勲章の授与、議会の解散、首相の指名といった女王の権能は、立憲君主として特定の党派や主義に偏らないよう制限されている。イギリス政府の行政権は究極的には君主の大権によっているが、これらの権限は議会の制定した法律にのっとってのみ用いることができ、しかも実際には慣習と先例によっても制約を受けている。イギリスの君主の起源は、アングル人の王と初期のスコット人の王にまでさかのぼる。1000年頃には、中世初頭のブリテン島にあった小さな王国から、イングランド王国とスコットランド王国が大きく成長していた。最後のアングロ・サクソン人の王であるハロルド2世が1066年のノルマン人の侵略に負けて殺されると、イングランドの君主の地位はノルマン人の征服者であるノルマンディー公に移った。これ以来イングランドの君主は、ノルマンディー公の采地であったマン島やジャージー、ガーンジーの元首をも兼ねているが、これらの地は厳密にはイングランドや連合王国に含まれず、イギリスの王室属領とされている。13世紀には、ウェールズ公国がイングランドに吸収されるとともに、マグナ・カルタによって国王の政治的な権力が削がれ始めた。1603年にスコットランド王ジェームズ6世がジェームズ1世としてイングランドの王座を継承してから、両王国は同一の君主によって統治されることになった。1649年から1660年までの間は、 三王国戦争に続く共和政イングランドによってイギリスの君主制の伝統は断たれていた。1701年の王位継承法(現在も法的に有効)によって、カトリック信徒およびカトリック信徒と結婚したものがイギリス王位の継承から排除された。1707年にはイングランドとスコットランドがグレートブリテン王国として統一され、1801年にアイルランド王国も加わってグレートブリテンおよびアイルランド連合王国が成立した。イギリスの君主は、1921年の最大時で世界の表面の4分の1をカバーしていた大英帝国の名目上の君主にもなった。1920年代にはアイルランドの6分の5の州がアイルランド自由国として連合から脱退し、1926年のバルフォア宣言では帝国内の自治領がイギリス連邦に加盟する自治国家として分離することを承認した。第二次世界大戦のあとイギリスの植民地と海外領土のほとんどが独立し、帝国は事実上の終焉に追いやられた。 ジョージ6世とその跡を継いだエリザベス2世は、連邦に加盟する独立国の自由な連合の象徴として、イギリス連邦の元首(英語: Head of the Commonwealth)という称号を採用した。また王室属領に対してはマン島領主やノルマンディー公の称号を用いている。英連邦には共和国も君主国も含まれる。現在、イギリス以外の15の連邦加盟国がイギリス君主と同じ人物を自国の君主として戴いている。British monarchy や British monarch という言葉は、英連邦王国に属する16の国々が共通して君主として戴いている人物とその君主制を指したり、その16の独立国それぞれにおける君主制を指したりするのに今なお頻繁に用いられる。これは、法域ごとに個別の、国の公式の称号とは異なる場合が多い(エリザベス2世の称号一覧)。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2410890 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13027 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 110 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58767789 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:coatofarms
  • Royal Coat of Arms of the United Kingdom .svg
prop-ja:coatofarmsArticle
  • イギリスの国章イギリス国王の紋章
prop-ja:date
  • --05-01
prop-ja:firstMonarch
prop-ja:fontColor
  • purple
prop-ja:heirApparent
prop-ja:his/her
  • 陛下
prop-ja:incumbent
prop-ja:incumbentsince
  • --02-06
prop-ja:realm
  • イギリス
prop-ja:residence
prop-ja:royalTitle
  • 女王
prop-ja:website
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • イギリスの君主(イギリスのくんしゅ)はイギリスとその海外領土の立憲君主である。現在の君主はエリザベス2世であり、1952年2月6日から王位に就いている。エリザベス2世とその直近の王族は、さまざまな公務、儀式、国の代表としての職務を行う。勲章の授与、議会の解散、首相の指名といった女王の権能は、立憲君主として特定の党派や主義に偏らないよう制限されている。イギリス政府の行政権は究極的には君主の大権によっているが、これらの権限は議会の制定した法律にのっとってのみ用いることができ、しかも実際には慣習と先例によっても制約を受けている。イギリスの君主の起源は、アングル人の王と初期のスコット人の王にまでさかのぼる。1000年頃には、中世初頭のブリテン島にあった小さな王国から、イングランド王国とスコットランド王国が大きく成長していた。最後のアングロ・サクソン人の王であるハロルド2世が1066年のノルマン人の侵略に負けて殺されると、イングランドの君主の地位はノルマン人の征服者であるノルマンディー公に移った。これ以来イングランドの君主は、ノルマンディー公の采地であったマン島やジャージー、ガーンジーの元首をも兼ねているが、これらの地は厳密にはイングランドや連合王国に含まれず、イギリスの王室属領とされている。13世紀には、ウェールズ公国がイングランドに吸収されるとともに、マグナ・カルタによって国王の政治的な権力が削がれ始めた。1603年にスコットランド王ジェームズ6世がジェームズ1世としてイングランドの王座を継承してから、両王国は同一の君主によって統治されることになった。1649年から1660年までの間は、 三王国戦争に続く共和政イングランドによってイギリスの君主制の伝統は断たれていた。1701年の王位継承法(現在も法的に有効)によって、カトリック信徒およびカトリック信徒と結婚したものがイギリス王位の継承から排除された。1707年にはイングランドとスコットランドがグレートブリテン王国として統一され、1801年にアイルランド王国も加わってグレートブリテンおよびアイルランド連合王国が成立した。イギリスの君主は、1921年の最大時で世界の表面の4分の1をカバーしていた大英帝国の名目上の君主にもなった。1920年代にはアイルランドの6分の5の州がアイルランド自由国として連合から脱退し、1926年のバルフォア宣言では帝国内の自治領がイギリス連邦に加盟する自治国家として分離することを承認した。第二次世界大戦のあとイギリスの植民地と海外領土のほとんどが独立し、帝国は事実上の終焉に追いやられた。 ジョージ6世とその跡を継いだエリザベス2世は、連邦に加盟する独立国の自由な連合の象徴として、イギリス連邦の元首(英語: Head of the Commonwealth)という称号を採用した。また王室属領に対してはマン島領主やノルマンディー公の称号を用いている。英連邦には共和国も君主国も含まれる。現在、イギリス以外の15の連邦加盟国がイギリス君主と同じ人物を自国の君主として戴いている。British monarchy や British monarch という言葉は、英連邦王国に属する16の国々が共通して君主として戴いている人物とその君主制を指したり、その16の独立国それぞれにおける君主制を指したりするのに今なお頻繁に用いられる。これは、法域ごとに個別の、国の公式の称号とは異なる場合が多い(エリザベス2世の称号一覧)。
rdfs:label
  • イギリスの君主
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:appointer of
is prop-ja:ibTh of
is prop-ja:leader1Type of
is prop-ja:title of
is prop-ja:任命者役職 of
is prop-ja:元首等肩書 of
is prop-ja:元首職 of
is foaf:primaryTopic of