Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • イオノマイシン(Ionomycin)は、Streptomyces conglobatusが生産するイオノフォアである。研究で、細胞間のカルシウムイオン濃度を上げ、また生体膜を通過するカルシウムイオンを理解するために用いられる。さらに、通常は12-O-テトラデカノイルホルボール 13-アセタートとともに、細胞間でのサイトカイン、インターフェロン、パーフォリン、インターロイキン-2、インターロイキン-4の生産を促進する。これらのサイトカイン類は、炎症応答に重要である。イオノマイシンは、遊離酸かカルシウム塩として市販される。
dbpedia-owl:imageSize
  • 300 (xsd:integer)
dbpedia-owl:iupacName
  • (4R,​6S,​8S,​10Z,​12R,​14R,​16E,​18R,​19R,​20S,​21S)-​19,​21-​dihydroxy-​22-​{(2S,​2R,​5S,​5S)-​5'-​[(1R)-​1-​hydroxyethyl]-​2,​5'-​dimethyloctahydro-​2,​2'-​bifuran-​5-​yl}-​4,​6,​8,​12,​14,​18,​20-​heptamethyl-​11-​oxido-​9-​oxodocosa-​10,​16-​dienoic acid
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3126990 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2843 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 9 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58359848 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefile
  • Ionomycin free acid.png
prop-ja:imagesize
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:iupacname
  • -​19,​21-​dihydroxy-​22-​{-​5'-​[-​1-​hydroxyethyl]-​2,​5'-​dimethyloctahydro-​2,​2'-​bifuran-​5-​yl}-​4,​6,​8,​12,​14,​18,​20-​heptamethyl-​11-​oxido-​9-​oxodocosa-​10,​16-​dienoic acid
prop-ja:verifiedfields
  • changed
prop-ja:verifiedrevid
  • 400118302 (xsd:integer)
prop-ja:watchedfields
  • changed
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • イオノマイシン(Ionomycin)は、Streptomyces conglobatusが生産するイオノフォアである。研究で、細胞間のカルシウムイオン濃度を上げ、また生体膜を通過するカルシウムイオンを理解するために用いられる。さらに、通常は12-O-テトラデカノイルホルボール 13-アセタートとともに、細胞間でのサイトカイン、インターフェロン、パーフォリン、インターロイキン-2、インターロイキン-4の生産を促進する。これらのサイトカイン類は、炎症応答に重要である。イオノマイシンは、遊離酸かカルシウム塩として市販される。
rdfs:label
  • イオノマイシン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of