Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • イエ・ムラ理論(いえむらりろん)とは、イエ(家)を基礎的単位として、日本の伝統的な村落社会(ムラ)の構造や論理を明らかにしようとする農村社会学の理論である。代表的な論者として、有賀喜左衛門、喜多野清一、福武直などがいる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1482147 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2109 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 32 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57083093 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • イエ・ムラ理論(いえむらりろん)とは、イエ(家)を基礎的単位として、日本の伝統的な村落社会(ムラ)の構造や論理を明らかにしようとする農村社会学の理論である。代表的な論者として、有賀喜左衛門、喜多野清一、福武直などがいる。
rdfs:label
  • イエ・ムラ理論
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of