Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アーロン・ベック(Aaron Temkin Beck、1921年7月18日 - )は、アメリカの医学者、精神科医で、うつ病の認知療法(Cognitive Therapy)の創始者として知られる。1954年にペンシルベニア大学に加わり、現在ベンシルバニア大学の教授である。現在国際認知療法学会(The International Association for Cognitive Psychotherapy)の名誉会長であり、フィラデルフィアにてベック研究所(Beck Institute for Cognitive Therapy and Research)を主宰している。認知行動療法の理論的基礎を形作った。1921年にロードアイランド州の州都プロビデンスにて5人兄弟の末っ子として生まれる。1942年にブラウン大学を優秀な成績で卒業後、1946年にイェール大学で医学博士の学位を取得した。フィラデルフィア精神分析研究所(Philadelphia Psychoanalytic Institute)にて精神分析家としての訓練を受け、1958年に訓練を修了し、精神分析的な立場からうつ病の研究を実施していたが、自身の仮説を検証することができず、1961年までには精神分析と決別している。その後、研究の過程で、うつ病患者の特徴として悲観的な思考(否定的な考え方)を持つことが分かり、こうした認知の歪みを修正する新たな治療的アプローチとしてうつ病の認知療法を1963年に考案した。またその研究に伴って、ベックうつ病尺度(BDI)、ベック絶望感尺度、ベック不安尺度といった、評価尺度を策定した。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 712819 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4070 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 32 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55871891 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アーロン・ベック(Aaron Temkin Beck、1921年7月18日 - )は、アメリカの医学者、精神科医で、うつ病の認知療法(Cognitive Therapy)の創始者として知られる。1954年にペンシルベニア大学に加わり、現在ベンシルバニア大学の教授である。現在国際認知療法学会(The International Association for Cognitive Psychotherapy)の名誉会長であり、フィラデルフィアにてベック研究所(Beck Institute for Cognitive Therapy and Research)を主宰している。認知行動療法の理論的基礎を形作った。1921年にロードアイランド州の州都プロビデンスにて5人兄弟の末っ子として生まれる。1942年にブラウン大学を優秀な成績で卒業後、1946年にイェール大学で医学博士の学位を取得した。フィラデルフィア精神分析研究所(Philadelphia Psychoanalytic Institute)にて精神分析家としての訓練を受け、1958年に訓練を修了し、精神分析的な立場からうつ病の研究を実施していたが、自身の仮説を検証することができず、1961年までには精神分析と決別している。その後、研究の過程で、うつ病患者の特徴として悲観的な思考(否定的な考え方)を持つことが分かり、こうした認知の歪みを修正する新たな治療的アプローチとしてうつ病の認知療法を1963年に考案した。またその研究に伴って、ベックうつ病尺度(BDI)、ベック絶望感尺度、ベック不安尺度といった、評価尺度を策定した。
rdfs:label
  • アーロン・ベック
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of