Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 数学、とくに抽象代数学におけるアーベル群(アーベルぐん、英: abelian group)または可換群(かかんぐん、英: commutative group)とは、定義される乗法が可換な群のことである。名称は、ノルウェーの数学者ニールス・アーベルに因む。しばしば、演算は "+" を用いて加法的に記されて加法群(かほうぐん、英: additive group)ともよばれる。また、加群(かぐん、英: module)とも呼ばれることがあるがこの場合、別の代数系からの作用とともに考えていることが多い(環上の加群、群上の加群など)。Z 上の加群のことを単に加群と言うことも多い。Z 上の加群とアーベル群は自然に同一視される。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 7373 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4190 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 44 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56568869 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 数学、とくに抽象代数学におけるアーベル群(アーベルぐん、英: abelian group)または可換群(かかんぐん、英: commutative group)とは、定義される乗法が可換な群のことである。名称は、ノルウェーの数学者ニールス・アーベルに因む。しばしば、演算は "+" を用いて加法的に記されて加法群(かほうぐん、英: additive group)ともよばれる。また、加群(かぐん、英: module)とも呼ばれることがあるがこの場合、別の代数系からの作用とともに考えていることが多い(環上の加群、群上の加群など)。Z 上の加群のことを単に加群と言うことも多い。Z 上の加群とアーベル群は自然に同一視される。
rdfs:label
  • アーベル群
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of