Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アースアンカー工法またはグラウンドアンカー工法は建築用語(土木関連)で、山留工法の一種である。テンドン(tendon、腱の意味)と呼ばれるPC鋼材(PC鋼より線)を岩盤に固定し、PC鋼材の緊張力で山留壁や法枠を保たせるために用いる。単に「アンカー工法」と呼ばれることもある。地すべりの末端部や道路の法面などで、不安定な土塊を固定するために用いたり、様々な理由で構造物が単独では安定しない(転倒のおそれがある)場合に用いる。地すべり対策においては、抑止工(構造物により力学的に地すべりの発生要因を抑制する工法)の代表的工法の一つである。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 42904 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 674 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 17 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57726811 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アースアンカー工法またはグラウンドアンカー工法は建築用語(土木関連)で、山留工法の一種である。テンドン(tendon、腱の意味)と呼ばれるPC鋼材(PC鋼より線)を岩盤に固定し、PC鋼材の緊張力で山留壁や法枠を保たせるために用いる。単に「アンカー工法」と呼ばれることもある。地すべりの末端部や道路の法面などで、不安定な土塊を固定するために用いたり、様々な理由で構造物が単独では安定しない(転倒のおそれがある)場合に用いる。地すべり対策においては、抑止工(構造物により力学的に地すべりの発生要因を抑制する工法)の代表的工法の一つである。
rdfs:label
  • アースアンカー工法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of