Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アーサー・ヘンダーソン(Arthur Henderson、1863年9月13日-1935年10月20日)はイギリスの政治家、軍縮主義者で、1934年度のノーベル平和賞を受賞した。1908年から1910年、1914年から1917年、1931年から1932年の3度に渡って労働党の党首を務めた。ヘンダーソンは1863年にスコットランドのグラスゴーで織物職人の息子に生まれた。父親は彼が10歳の時に亡くなってしまったが、父の死後、彼はイングランドのニューカッスル・アポン・タインに引っ越した。ヘンダーソンは12歳の時から機関車工場で働いた。17歳になって見習い期間が終わると、サウサンプトンに1年間赴任し、ニューカッスル・アポン・タインに戻ってからは鉄型職人として働いた。彼は1879年に会衆派教会からメソジストに改宗した。1884年には職を辞し、勉強と説教に没頭した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1391318 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3039 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 56 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53791941 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アーサー・ヘンダーソン(Arthur Henderson、1863年9月13日-1935年10月20日)はイギリスの政治家、軍縮主義者で、1934年度のノーベル平和賞を受賞した。1908年から1910年、1914年から1917年、1931年から1932年の3度に渡って労働党の党首を務めた。ヘンダーソンは1863年にスコットランドのグラスゴーで織物職人の息子に生まれた。父親は彼が10歳の時に亡くなってしまったが、父の死後、彼はイングランドのニューカッスル・アポン・タインに引っ越した。ヘンダーソンは12歳の時から機関車工場で働いた。17歳になって見習い期間が終わると、サウサンプトンに1年間赴任し、ニューカッスル・アポン・タインに戻ってからは鉄型職人として働いた。彼は1879年に会衆派教会からメソジストに改宗した。1884年には職を辞し、勉強と説教に没頭した。
rdfs:label
  • アーサー・ヘンダーソン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:before of
is foaf:primaryTopic of