Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『アーサーの甥、ガウェインの成長記』(De Ortu Waluuanii Nepotis Arturi、英表記 The Rise of Gawain, Nephew of Arthur)は、中世ラテン語で書かれた散文の騎士道物語。作者不詳(ロベール・ド・トリニーの作という説は現在は有力視されない)。12世紀または13世紀成立。アーサー王物語の流れを汲み、アーサーの甥であるガウェイン卿の出生、少年時代、初期の冒険を描く。フランス韻文ロマンス『ゴーヴァンの幼年時代』の散逸によって失われた、ガウェイン卿の若年期の詳細を補う貴重な文学資料である。注目すべき点としてギリシア火薬にたいする言及も見られる(下節で詳述)。なお、人名を原文のラテン語のままでいえば、本作の題名は『アルトゥルスの甥ワルウアニウスの成長』である。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1664554 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 15807 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 77 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54721188 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『アーサーの甥、ガウェインの成長記』(De Ortu Waluuanii Nepotis Arturi、英表記 The Rise of Gawain, Nephew of Arthur)は、中世ラテン語で書かれた散文の騎士道物語。作者不詳(ロベール・ド・トリニーの作という説は現在は有力視されない)。12世紀または13世紀成立。アーサー王物語の流れを汲み、アーサーの甥であるガウェイン卿の出生、少年時代、初期の冒険を描く。フランス韻文ロマンス『ゴーヴァンの幼年時代』の散逸によって失われた、ガウェイン卿の若年期の詳細を補う貴重な文学資料である。注目すべき点としてギリシア火薬にたいする言及も見られる(下節で詳述)。なお、人名を原文のラテン語のままでいえば、本作の題名は『アルトゥルスの甥ワルウアニウスの成長』である。
rdfs:label
  • アーサーの甥、ガウェインの成長記
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of