Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アーキテクチャ記述言語(Architecture Description Language、ADL)とは、ソフトウェアアーキテクチャやシステムアーキテクチャを記述するためのコンピュータ言語または概念モデルである。ソフトウェア開発者がアーキテクチャについてやり取りする場合や、開発者と発注元との認識あわせに使う。また事業体モデリングでも使われる。ソフトウェア工学分野では、Acme(CMUが開発)、AADL(SAEが標準化)、C2(UCIが開発)、Darwin(インペリアル・カレッジ・ロンドンが開発)、Wright(CMUが開発)などがある。ISO/IEC/IEEE 42010 (Systems and software engineering — Architecture description)では、アーキテクチャ記述言語を「アーキテクチャ記述で使用される任意の表現形式」と定義し、ADLに最低限要求されることを示している。事業体モデリングの分野では企業レベルのアーキテクチャ記述言語が開発されている。例えば、ArchiMate(The Open Group)、DEMO、ABACUS(シドニー工科大学が開発)などがある。これらは必ずしもソフトウェアコンポーネントなどを記述しないが、アプリケーションのアーキテクチャをソフトウェア技術者に伝えるのに使われる。以下では主にソフトウェア工学でのADLについて解説している。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 846042 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9933 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 30 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47436528 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アーキテクチャ記述言語(Architecture Description Language、ADL)とは、ソフトウェアアーキテクチャやシステムアーキテクチャを記述するためのコンピュータ言語または概念モデルである。ソフトウェア開発者がアーキテクチャについてやり取りする場合や、開発者と発注元との認識あわせに使う。また事業体モデリングでも使われる。ソフトウェア工学分野では、Acme(CMUが開発)、AADL(SAEが標準化)、C2(UCIが開発)、Darwin(インペリアル・カレッジ・ロンドンが開発)、Wright(CMUが開発)などがある。ISO/IEC/IEEE 42010 (Systems and software engineering — Architecture description)では、アーキテクチャ記述言語を「アーキテクチャ記述で使用される任意の表現形式」と定義し、ADLに最低限要求されることを示している。事業体モデリングの分野では企業レベルのアーキテクチャ記述言語が開発されている。例えば、ArchiMate(The Open Group)、DEMO、ABACUS(シドニー工科大学が開発)などがある。これらは必ずしもソフトウェアコンポーネントなどを記述しないが、アプリケーションのアーキテクチャをソフトウェア技術者に伝えるのに使われる。以下では主にソフトウェア工学でのADLについて解説している。
rdfs:label
  • アーキテクチャ記述言語
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of