Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『ア・ニュー・デイ・ハズ・カム』(原題:A New Day Has Come=新しい日は来る)はセリーヌ・ディオンのアルバム。2年間の出産休業からの復帰作となった。2002年3月25日発売。ディオンの通算28枚目、英語盤では9枚目のアルバム。またDVD付限定版(日本未発売)には2曲のDVD-Audioと、2つのビデオが収録されたボーナスDVDが付属していた。発売から6年後の2008年、オリジナルCDに加えアルバム全シングルのPVとアルバムのメイキングが収録されたDVD付きでレガシー・エディションとして再リリースされた。また同時期には新パッケージとしてセリーヌ・ディオンの過去のアルバム2枚と共に3枚組CD『レッツ・トーク・アバウト・ラヴ / フォーリング・イントゥ・ユー / ア・ニュー・デイ・ハズ・カム』(日本未発売)が発売された。
dbpedia-owl:artist
dbpedia-owl:genre
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:previousWork
dbpedia-owl:producer
dbpedia-owl:recordLabel
dbpedia-owl:releaseDate
  • 2002-03-22 (xsd:date)
dbpedia-owl:review
  • http://www.rollingstone.com/artists/celinedion/albums/album/175170/review/6067726/a_new_day_has_come
  • http://www.bbc.co.uk/manchester/music/reviews/singles/2002/03/25/new_day_has_come.shtml
  • http://www.ew.com/ew/article/0,,219376,00.html
  • http://www.allmusic.com/album/a-new-day-has-come-mw0000213802
  • http://www.slantmagazine.com/music/music_review.asp?ID=59
  • http://entertainment.ie/album-review/Celine-Dion---A-New-Day-Has-Come/1989.htm
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:title
  • ア・ニュー・デイ・ハズ・カム
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 903137 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 17902 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 139 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53269788 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:artist
prop-ja:before
prop-ja:genre
prop-ja:label
prop-ja:lastAlbum
  • ザ・スペシャル・ベスト
prop-ja:length
  • CD 72:22、DVD 19:10
prop-ja:misc
  • --03-11
prop-ja:name
  • ア・ニュー・デイ・ハズ・カム
prop-ja:nextAlbum
  • ワン・ハート
prop-ja:originalname
  • A New Day Has Come
prop-ja:producer
  • Walter Afanasieff、Peer Astrom、Christian B.、Anders Bagge、Arnthor Birgisson、Andreas Carlsson、Marc Dold、Simon Franglen、Humberto Gatica、Richie Jones、Robert John "Mutt" Lange、Kristian Lundin、Vito Luprano、Steve Morales、Christopher Neil、Aldo Nova、Gérald De Palmas、Guy Roche、Ric Wake
prop-ja:recorded
  • 2001 (xsd:integer)
prop-ja:released
  • 2002-03-22 (xsd:date)
prop-ja:reviews
  • *Allmusic リンク *BBC リンク *Entertainment Weekly リンク *entertainment.ie リンク *Rolling Stone リンク *Slant Magazine リンク
prop-ja:thisAlbum
  • ア・ニュー・デイ・ハズ・カム
prop-ja:title
  • オーストラリアARIA Chartsアルバム部門 2002年年間第1位
  • イギリス第1位アルバム
  • ビルボード200第1位
prop-ja:type
  • スタジオアルバム
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • --04-01
  • --04-06
  • --04-13
  • --04-15
  • --05-13
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『ア・ニュー・デイ・ハズ・カム』(原題:A New Day Has Come=新しい日は来る)はセリーヌ・ディオンのアルバム。2年間の出産休業からの復帰作となった。2002年3月25日発売。ディオンの通算28枚目、英語盤では9枚目のアルバム。またDVD付限定版(日本未発売)には2曲のDVD-Audioと、2つのビデオが収録されたボーナスDVDが付属していた。発売から6年後の2008年、オリジナルCDに加えアルバム全シングルのPVとアルバムのメイキングが収録されたDVD付きでレガシー・エディションとして再リリースされた。また同時期には新パッケージとしてセリーヌ・ディオンの過去のアルバム2枚と共に3枚組CD『レッツ・トーク・アバウト・ラヴ / フォーリング・イントゥ・ユー / ア・ニュー・デイ・ハズ・カム』(日本未発売)が発売された。
rdfs:label
  • ア・ニュー・デイ・ハズ・カム
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:album of
is dbpedia-owl:previousWork of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:fromAlbum of
is foaf:primaryTopic of