Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アン女王戦争(アンじょうおうせんそう、英語:Queen Anne's War、1702年 - 1713年)は、欧州のスペイン継承戦争に対応して北米大陸において起こった、フランス王国(以下フランス)とイングランド王国(後にグレートブリテン王国、以下イギリスで統一)との間の戦争であり、一連の北米植民地戦争においては2度目の戦争である。名称は当時イギリスを統治していたアン女王の名にちなむ。それぞれの国と同盟を結んでいた多数のアメリカ州の先住民族および、フランス王国の同盟国であったスペイン帝国(以下スペイン)も戦争に加わった。アン女王戦争は3つの局面から成っている。 スペイン領フロリダとイギリス領カロライナ植民地はお互いに攻撃し合い、1702年、イギリス軍はスペイン領フロリダのセント・アウグスティンを占領した。この戦争の本質は両勢力と同盟したインディアン部族同士の代理戦争であり、イギリス軍はモービルを拠点とするフランス軍と交戦した。このアメリカ南部の戦争では大きな領土の変化はなかったが、現在のジョージア州南部を含んだスペイン領フロリダにおけるインディアンの人口のほとんどが駆逐され、この地域でのスペインの宣教活動のネットワークが破壊されるほどの影響があった。 イギリス領ニューイングランド植民地は、アカディアおよびカナダを拠点とするフランスおよびインディアン同盟軍と交戦した。イギリス軍は幾度となくケベックを標的とした遠征を行うも、成功しなかった。フランスおよびインディアン同盟軍はカナダからニューイングランドに侵入し、現在のメイン州を含むマサチューセッツ湾直轄植民地を標的とした襲撃を行った。この襲撃の中で最も有名なものに1704年のディアフィールド奇襲があり、この襲撃によってマサチューセッツ州のディアフィールドを占領した。しかし、1710年にニューイングランドから海路カナダ東部に侵攻したイギリス軍は、ポートロワイヤルの戦い (1710年)に勝利してアカディアの首都ポート・ロワイヤルを陥落させた。 イギリスはニューファンドランド島のセントジョンズを拠点とし、島の支配を巡ってパラダイスを拠点とするフランスと争った。争いのほとんどは、相手側の入植者に対する経済破壊活動によって行われた。1709年、フランス軍はセントジョンズを占領したが、イギリス軍はフランスがそれを放棄した後、即座に再占領した。1712年に停戦協定が結ばれ、1713年のユトレヒト条約が締結されてアン女王戦争は終結した。この条約によりイギリスはニューファンドランド島とハドソン湾地域をフランスから譲渡されて獲得し、一方でケープ・ブレトン島を含むセントローレンス湾の島々を維持した。一部の条件は曖昧であり、多くのインディアン部族に対する対応はこの条約に含まれておらず、将来の紛争の要因となった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 170309 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 29976 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 218 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59033144 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:battleName
  • アン女王戦争
prop-ja:caption
  • 1702 (xsd:integer)
prop-ja:casualties
  • インディアン(イギリス同盟): 軽微
  • インディアン(スペイン同盟): 多数
  • インディアン(フランス同盟): 50
  • カロライナ植民地: 150
  • グレートブリテン王国: 900
  • スペイン: 50–60
  • ニューイングランド植民地: 200
  • フランス植民地:
prop-ja:combatant
  • 25 (xsd:integer)
  • ・25px ヌーベルフランス植民地 25px スペイン帝国 ・25px ヌエバ・エスパーニャ ミクマク族
  • モホーク族 チョクトー族 アパラチー族 ナチェズ族
prop-ja:commander
  • ジョセフ・デ・ズニカ
  • フランシス・ニコルソン
prop-ja:conflict
prop-ja:date
  • 1702 (xsd:integer)
prop-ja:notes
  • アカディア植民地およびニューファンドランドにおける死傷者数は知られていない。
prop-ja:place
prop-ja:result
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アン女王戦争(アンじょうおうせんそう、英語:Queen Anne's War、1702年 - 1713年)は、欧州のスペイン継承戦争に対応して北米大陸において起こった、フランス王国(以下フランス)とイングランド王国(後にグレートブリテン王国、以下イギリスで統一)との間の戦争であり、一連の北米植民地戦争においては2度目の戦争である。名称は当時イギリスを統治していたアン女王の名にちなむ。それぞれの国と同盟を結んでいた多数のアメリカ州の先住民族および、フランス王国の同盟国であったスペイン帝国(以下スペイン)も戦争に加わった。アン女王戦争は3つの局面から成っている。 スペイン領フロリダとイギリス領カロライナ植民地はお互いに攻撃し合い、1702年、イギリス軍はスペイン領フロリダのセント・アウグスティンを占領した。この戦争の本質は両勢力と同盟したインディアン部族同士の代理戦争であり、イギリス軍はモービルを拠点とするフランス軍と交戦した。このアメリカ南部の戦争では大きな領土の変化はなかったが、現在のジョージア州南部を含んだスペイン領フロリダにおけるインディアンの人口のほとんどが駆逐され、この地域でのスペインの宣教活動のネットワークが破壊されるほどの影響があった。 イギリス領ニューイングランド植民地は、アカディアおよびカナダを拠点とするフランスおよびインディアン同盟軍と交戦した。イギリス軍は幾度となくケベックを標的とした遠征を行うも、成功しなかった。フランスおよびインディアン同盟軍はカナダからニューイングランドに侵入し、現在のメイン州を含むマサチューセッツ湾直轄植民地を標的とした襲撃を行った。この襲撃の中で最も有名なものに1704年のディアフィールド奇襲があり、この襲撃によってマサチューセッツ州のディアフィールドを占領した。しかし、1710年にニューイングランドから海路カナダ東部に侵攻したイギリス軍は、ポートロワイヤルの戦い (1710年)に勝利してアカディアの首都ポート・ロワイヤルを陥落させた。 イギリスはニューファンドランド島のセントジョンズを拠点とし、島の支配を巡ってパラダイスを拠点とするフランスと争った。争いのほとんどは、相手側の入植者に対する経済破壊活動によって行われた。1709年、フランス軍はセントジョンズを占領したが、イギリス軍はフランスがそれを放棄した後、即座に再占領した。1712年に停戦協定が結ばれ、1713年のユトレヒト条約が締結されてアン女王戦争は終結した。この条約によりイギリスはニューファンドランド島とハドソン湾地域をフランスから譲渡されて獲得し、一方でケープ・ブレトン島を含むセントローレンス湾の島々を維持した。一部の条件は曖昧であり、多くのインディアン部族に対する対応はこの条約に含まれておらず、将来の紛争の要因となった。
rdfs:label
  • アン女王戦争
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:battles of
is prop-ja:partof of
is foaf:primaryTopic of