アントワーヌ・アンリ・ベクレル(Antoine Henri Becquerel, 1852年12月15日 - 1908年8月25日)は フランスの物理学者・化学者。放射線の発見者であり、この功績により1903年ノーベル物理学賞を受賞した。パリ生まれ。息子のも物理学者・化学者である。 父親は蛍光や光化学の研究者アレクサンドル・エドモン・ベクレル、祖父は科学者アントワーヌ・セザール・ベクレルで研究者の道に進んだ。エコール・ポリテクニークで自然科学を、国立土木学校で工学を学んだ。 1903年、ノーベル物理学賞をピエール・キュリー、マリ・キュリーと共に受賞した。 1908年、ブルターニュのにて55歳で急死。マリ・キュリー同様、放射線障害が原因だと考えられる。 放射能のSI単位のベクレル(Bq)はアンリ・ベクレルにちなんでいる。

Property Value
dbo:abstract
  • アントワーヌ・アンリ・ベクレル(Antoine Henri Becquerel, 1852年12月15日 - 1908年8月25日)は フランスの物理学者・化学者。放射線の発見者であり、この功績により1903年ノーベル物理学賞を受賞した。パリ生まれ。息子のも物理学者・化学者である。 父親は蛍光や光化学の研究者アレクサンドル・エドモン・ベクレル、祖父は科学者アントワーヌ・セザール・ベクレルで研究者の道に進んだ。エコール・ポリテクニークで自然科学を、国立土木学校で工学を学んだ。 1903年、ノーベル物理学賞をピエール・キュリー、マリ・キュリーと共に受賞した。 1908年、ブルターニュのにて55歳で急死。マリ・キュリー同様、放射線障害が原因だと考えられる。 放射能のSI単位のベクレル(Bq)はアンリ・ベクレルにちなんでいる。 (ja)
  • アントワーヌ・アンリ・ベクレル(Antoine Henri Becquerel, 1852年12月15日 - 1908年8月25日)は フランスの物理学者・化学者。放射線の発見者であり、この功績により1903年ノーベル物理学賞を受賞した。パリ生まれ。息子のも物理学者・化学者である。 父親は蛍光や光化学の研究者アレクサンドル・エドモン・ベクレル、祖父は科学者アントワーヌ・セザール・ベクレルで研究者の道に進んだ。エコール・ポリテクニークで自然科学を、国立土木学校で工学を学んだ。 1903年、ノーベル物理学賞をピエール・キュリー、マリ・キュリーと共に受賞した。 1908年、ブルターニュのにて55歳で急死。マリ・キュリー同様、放射線障害が原因だと考えられる。 放射能のSI単位のベクレル(Bq)はアンリ・ベクレルにちなんでいる。 (ja)
dbo:affiliation
dbo:almaMater
dbo:birthDate
  • 2015-02-01 (xsd:date)
dbo:birthPlace
dbo:deathDate
  • 1908-08-25 (xsd:date)
dbo:doctoralStudent
dbo:field
dbo:knownFor
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 98107 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 3167 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80633954 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:almaMater
  • エコール・ポリテクニーク、国立土木学校 (ja)
  • エコール・ポリテクニーク、国立土木学校 (ja)
prop-ja:birthDate
  • --12-15
prop-ja:birthPlace
  • パリ (ja)
  • パリ (ja)
prop-ja:deathDate
  • 1908-08-25 (xsd:date)
prop-ja:doctoralStudents
prop-ja:field
prop-ja:knownFor
prop-ja:name
  • アントワーヌ・アンリ・ベクレル (ja)
  • アントワーヌ・アンリ・ベクレル (ja)
prop-ja:signature
  • Henri_Becquerel_signature.svg (ja)
  • Henri_Becquerel_signature.svg (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:workplaces
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • アントワーヌ・アンリ・ベクレル(Antoine Henri Becquerel, 1852年12月15日 - 1908年8月25日)は フランスの物理学者・化学者。放射線の発見者であり、この功績により1903年ノーベル物理学賞を受賞した。パリ生まれ。息子のも物理学者・化学者である。 父親は蛍光や光化学の研究者アレクサンドル・エドモン・ベクレル、祖父は科学者アントワーヌ・セザール・ベクレルで研究者の道に進んだ。エコール・ポリテクニークで自然科学を、国立土木学校で工学を学んだ。 1903年、ノーベル物理学賞をピエール・キュリー、マリ・キュリーと共に受賞した。 1908年、ブルターニュのにて55歳で急死。マリ・キュリー同様、放射線障害が原因だと考えられる。 放射能のSI単位のベクレル(Bq)はアンリ・ベクレルにちなんでいる。 (ja)
  • アントワーヌ・アンリ・ベクレル(Antoine Henri Becquerel, 1852年12月15日 - 1908年8月25日)は フランスの物理学者・化学者。放射線の発見者であり、この功績により1903年ノーベル物理学賞を受賞した。パリ生まれ。息子のも物理学者・化学者である。 父親は蛍光や光化学の研究者アレクサンドル・エドモン・ベクレル、祖父は科学者アントワーヌ・セザール・ベクレルで研究者の道に進んだ。エコール・ポリテクニークで自然科学を、国立土木学校で工学を学んだ。 1903年、ノーベル物理学賞をピエール・キュリー、マリ・キュリーと共に受賞した。 1908年、ブルターニュのにて55歳で急死。マリ・キュリー同様、放射線障害が原因だと考えられる。 放射能のSI単位のベクレル(Bq)はアンリ・ベクレルにちなんでいる。 (ja)
rdfs:label
  • アンリ・ベクレル (ja)
  • アンリ・ベクレル (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • アントワーヌ・アンリ・ベクレル (ja)
  • アントワーヌ・アンリ・ベクレル (ja)
is dbo:influenced of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:influenced of
is prop-ja:語源 of
is foaf:primaryTopic of