Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アンリ=ジョゼフ・フネ(Henri-Joseph Fenet, 1919年6月11日 - 2002年9月14日)は、第二次世界大戦期フランスの軍人、ドイツ国(ナチス・ドイツ)の武装親衛隊フランス人義勇兵。1945年4月末のベルリン市街戦における武装親衛隊フランス人義勇兵部隊の指揮官を務め、ドイツ国最後の騎士鉄十字章受章者の1人となった。当初は1940年5月~6月のフランスの戦いでドイツ軍と交戦したフランス陸軍第3植民地歩兵師団 (3ème DIC) の中尉であり、戦功十字章 (Croix de Guerre) を受章。1940年6月のフランス敗戦(休戦)後はヴィシー政権下フランス軍に所属し、1942年11月に除隊した後はヴィシー政権派民兵組織「フランス民兵団」の部隊長を務めた。独ソ戦後期の1943年10月、ドイツ国の武装親衛隊へ志願入隊。1944年8月のガリツィアの戦いで第8フランスSS義勇突撃旅団第Ⅰ大隊第3中隊長としてソビエト赤軍と交戦し、戦功によって二級鉄十字章を受章した。第33SS所属武装擲弾兵師団「シャルルマーニュ」では第57SS所属武装擲弾兵連隊第Ⅰ大隊長を務め、1945年2月下旬~3月中旬のポメラニア戦線に従軍。3月初旬、ソビエト赤軍包囲下のケルリンから脱出する際に「シャルルマーニュ」師団最良の部隊で構成された「行進連隊第Ⅰ大隊」(Ier Bataillon / Régiment de Marche) を指揮し、大隊を赤軍の包囲網からほぼ無傷で脱出させた功績によって1945年3月6日付で一級鉄十字章を受章。その後の3月中旬、撤退路であるバルト海沿岸部の都市ディフェノ(Dievenow、現ジブヌフ (Dziwnów))に陣取る赤軍部隊を突破し、大隊の生存者多数と共にドイツ北部地域への撤退に成功した。独ソ戦の最終局面である1945年4月末、「シャルルマーニュ」師団の生存者の中で戦闘継続を希望した約300名の将兵で構成された「フランスSS突撃大隊」 の大隊長としてベルリン市街戦で奮戦し、1945年4月29日、ドイツ国最後の騎士鉄十字章受章者の1人となった。最終階級はSS義勇大尉。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2037997 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 110700 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 1040 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58802572 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:align
  • left
  • right
prop-ja:caption
  • dbpedia-ja:ノイケルン区
  • dbpedia-ja:ベルリン
  • サノク
  • ミエレツ
  • ベルリン・クロイツベルク区(Kreuzberg、現フリードリヒスハイン=クロイツベルク区)
  • アン県セーゼリア
  • クロイツベルクの地図
  • ノイケルンの地図
  • フランス共和国アン県
prop-ja:image
  • 1072 (xsd:integer)
  • Ain-Position.svg
  • Berlin neukoelln.png
  • Berlin-Kreuzberg Karte.png
  • Berlin-Neukölln Karte.png
  • Kreuzberg.png
  • PL Meleca vieta.png
  • Położenie Sanoka.png
prop-ja:quote
  • 35 (xsd:integer)
  • (※最後の胡桃…ベルリンの心臓部である「Z」地区(官庁街)におけるベルリン守備隊の激しい抵抗。)
  • 「1940年の敗北(フランス敗戦)は、多くのフランス人にとって恐るべき屈辱だった。精鋭部隊(ドイツ国の武装親衛隊)の一員になって東部戦線に出征することは、われわれにとって屈辱をはらすチャンスだった」
  • 「共産主義は阻止せねばならぬ」
prop-ja:source
  • (アンリ・フネ)
  • (アンリ=ジョゼフ・フェネ(フネ))
  • (ソビエト第1白ロシア戦線第8親衛軍司令官チュイコフ上級大将。ベルリン市内における第8親衛軍の進撃が遅れていることを非難する上司ジューコフ元帥への電話での返答)(。)
  • (第8親衛軍司令官チュイコフ上級大将。)
prop-ja:width
  • 150 (xsd:integer)
  • 30.0
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:各国語表記
  • Henri Fenet
prop-ja:
  • フランス共和国アン県セーゼリア
prop-ja:所属政体
  • ナチス・ドイツ
  • フランス第三共和政
  • ヴィシー政権
prop-ja:所属組織
  • 26 (xsd:integer)
  • フランス軍
  • *フランス陸軍第3植民地歩兵師団
  • *第8フランスSS義勇突撃旅団 *26px 第33SS所属武装擲弾兵師団「シャルルマーニュ」 *フランスSS突撃大隊
prop-ja:最終階級
prop-ja:死没地
prop-ja:氏名
  • アンリ・フネ
prop-ja:没年月日
  • 2002-09-14 (xsd:date)
prop-ja:生年月日
  • 1919-06-11 (xsd:date)
prop-ja:生誕地
  • フランス共和国
  • アン県セーゼリア
prop-ja:軍歴
  • 1939 (xsd:integer)
  • 1943 (xsd:integer)
prop-ja:除隊後
  • 終戦後、フランスにおける裁判で懲役20年の判決(後に減刑)
  • 釈放後は自動車関連部品会社を設立・経営
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アンリ=ジョゼフ・フネ(Henri-Joseph Fenet, 1919年6月11日 - 2002年9月14日)は、第二次世界大戦期フランスの軍人、ドイツ国(ナチス・ドイツ)の武装親衛隊フランス人義勇兵。1945年4月末のベルリン市街戦における武装親衛隊フランス人義勇兵部隊の指揮官を務め、ドイツ国最後の騎士鉄十字章受章者の1人となった。当初は1940年5月~6月のフランスの戦いでドイツ軍と交戦したフランス陸軍第3植民地歩兵師団 (3ème DIC) の中尉であり、戦功十字章 (Croix de Guerre) を受章。1940年6月のフランス敗戦(休戦)後はヴィシー政権下フランス軍に所属し、1942年11月に除隊した後はヴィシー政権派民兵組織「フランス民兵団」の部隊長を務めた。独ソ戦後期の1943年10月、ドイツ国の武装親衛隊へ志願入隊。1944年8月のガリツィアの戦いで第8フランスSS義勇突撃旅団第Ⅰ大隊第3中隊長としてソビエト赤軍と交戦し、戦功によって二級鉄十字章を受章した。第33SS所属武装擲弾兵師団「シャルルマーニュ」では第57SS所属武装擲弾兵連隊第Ⅰ大隊長を務め、1945年2月下旬~3月中旬のポメラニア戦線に従軍。3月初旬、ソビエト赤軍包囲下のケルリンから脱出する際に「シャルルマーニュ」師団最良の部隊で構成された「行進連隊第Ⅰ大隊」(Ier Bataillon / Régiment de Marche) を指揮し、大隊を赤軍の包囲網からほぼ無傷で脱出させた功績によって1945年3月6日付で一級鉄十字章を受章。その後の3月中旬、撤退路であるバルト海沿岸部の都市ディフェノ(Dievenow、現ジブヌフ (Dziwnów))に陣取る赤軍部隊を突破し、大隊の生存者多数と共にドイツ北部地域への撤退に成功した。独ソ戦の最終局面である1945年4月末、「シャルルマーニュ」師団の生存者の中で戦闘継続を希望した約300名の将兵で構成された「フランスSS突撃大隊」 の大隊長としてベルリン市街戦で奮戦し、1945年4月29日、ドイツ国最後の騎士鉄十字章受章者の1人となった。最終階級はSS義勇大尉。
rdfs:label
  • アンリ・フネ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of