Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アンリ・フォシヨン(仏: Henri Focillon、1881年9月7日 - 1943年3月3日)は、フランスの美術史家。ブルゴーニュ地方の首都ディジョンに生まれる。父のヴィクトル・フォシヨンは銅版画家で、豊かな芸術環境の元で育った。パリのエコール・ノルマル・シュペリウール(高等師範学校)で古典文学を学ぶ。リヨン大学で近代美術史の教授と、リヨン市立美術館館長の兼務を経て、エミール・マールの後任として1924年ソルボンヌ(パリ大学)で中世美術史の教授、1938年にコレージュ・ド・フランス教授を併任。中世から近代美術に関する重要な著作を次々に発表。チェッリーニやピラネージの作家論や、東洋美術史で、仏教美術、浮世絵で葛飾北斎などに関する著作もある。第二次世界大戦の勃発と共にアメリカ合衆国に亡命し、イェール大学ほか諸大学で美術史・考古学を講じたが、フランス解放を前にコネチカット州ニューヘイブンで客死した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1744253 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1618 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 70 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57465841 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アンリ・フォシヨン(仏: Henri Focillon、1881年9月7日 - 1943年3月3日)は、フランスの美術史家。ブルゴーニュ地方の首都ディジョンに生まれる。父のヴィクトル・フォシヨンは銅版画家で、豊かな芸術環境の元で育った。パリのエコール・ノルマル・シュペリウール(高等師範学校)で古典文学を学ぶ。リヨン大学で近代美術史の教授と、リヨン市立美術館館長の兼務を経て、エミール・マールの後任として1924年ソルボンヌ(パリ大学)で中世美術史の教授、1938年にコレージュ・ド・フランス教授を併任。中世から近代美術に関する重要な著作を次々に発表。チェッリーニやピラネージの作家論や、東洋美術史で、仏教美術、浮世絵で葛飾北斎などに関する著作もある。第二次世界大戦の勃発と共にアメリカ合衆国に亡命し、イェール大学ほか諸大学で美術史・考古学を講じたが、フランス解放を前にコネチカット州ニューヘイブンで客死した。
rdfs:label
  • アンリ・フォシヨン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of