Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アンヘル・ニエト(Ángel Nieto Roldán、1947年1月25日 - )は、スペイン、カスティーリャ・イ・レオン州サモーラ出身のモーターサイクル・ロードレーサー。ロードレース世界選手権の軽量級クラスで活躍し、50ccクラスと125ccクラスでのべ13もの世界タイトル(彼は13を不吉な数と考えているため、13と言わずに12+1勝と言っている)を獲得した。これは2012年現在、歴代2位の記録(1位はジャコモ・アゴスチーニの15)。2000年にMotoGP殿堂入り。通算優勝回数は90回で、2008年5月18日にフランスのル・マンで開催されたMotoGP世界選手権において、バレンティーノ・ロッシが通算90勝目を上げた際、ウィニングラン時にロッシのYZR-M1で「90+90」の旗を掲げてタンデム走行を披露した。引退後は彼の息子であるアンヘル・ニエト・ジュニアおよび125ccクラスで優勝経験のあるエミリオ・アルサモラをライダーとする同選手権参戦チーム監督として活躍し、現在はスペインのロードレース選手権番組のコメンテーターとして活躍している。かれは母国スペインにおいて国民的英雄と見なされており、マドリードにあるアンヘル・ニエトミュージアムではレースの記念品やトロフィーがいくつか展示されている。スペイン国王のフアン・カルロス1世とも友人関係にある。なお、同じくモーターサイクル・ロードレーサーであるフォンシ・ニエトは彼の甥にあたる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 514010 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 29275 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 447 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56286697 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:チャンピオン
  • 13 (xsd:integer)
  • 50 (xsd:integer)
  • 125 (xsd:integer)
prop-ja:チーム
prop-ja:ファステストラップ回数
  • 50 (xsd:integer)
  • 91 (xsd:integer)
  • 125 (xsd:integer)
prop-ja:ポールポジション回数
  • 39 (xsd:integer)
  • 50 (xsd:integer)
  • 125 (xsd:integer)
prop-ja:レース数
  • 50 (xsd:integer)
  • 80 (xsd:integer)
  • 125 (xsd:integer)
  • 202 (xsd:integer)
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:優勝回数
  • 50 (xsd:integer)
  • 80 (xsd:integer)
  • 90 (xsd:integer)
  • 125 (xsd:integer)
prop-ja:初グランプリ
  • 1964 (xsd:integer)
prop-ja:初勝利
  • 1969 (xsd:integer)
prop-ja:国籍
  • スペイン
prop-ja:最終グランプリ
  • 1986 (xsd:integer)
prop-ja:最終勝利
  • 1985 (xsd:integer)
prop-ja:氏名
  • アンヘル・ニエト
prop-ja:活動期間
  • 1964 (xsd:integer)
prop-ja:表彰台回数
  • 1 (xsd:integer)
  • 2 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
  • 50 (xsd:integer)
  • 80 (xsd:integer)
  • 125 (xsd:integer)
  • 139 (xsd:integer)
prop-ja:通算獲得ポイント
  • 2008 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アンヘル・ニエト(Ángel Nieto Roldán、1947年1月25日 - )は、スペイン、カスティーリャ・イ・レオン州サモーラ出身のモーターサイクル・ロードレーサー。ロードレース世界選手権の軽量級クラスで活躍し、50ccクラスと125ccクラスでのべ13もの世界タイトル(彼は13を不吉な数と考えているため、13と言わずに12+1勝と言っている)を獲得した。これは2012年現在、歴代2位の記録(1位はジャコモ・アゴスチーニの15)。2000年にMotoGP殿堂入り。通算優勝回数は90回で、2008年5月18日にフランスのル・マンで開催されたMotoGP世界選手権において、バレンティーノ・ロッシが通算90勝目を上げた際、ウィニングラン時にロッシのYZR-M1で「90+90」の旗を掲げてタンデム走行を披露した。引退後は彼の息子であるアンヘル・ニエト・ジュニアおよび125ccクラスで優勝経験のあるエミリオ・アルサモラをライダーとする同選手権参戦チーム監督として活躍し、現在はスペインのロードレース選手権番組のコメンテーターとして活躍している。かれは母国スペインにおいて国民的英雄と見なされており、マドリードにあるアンヘル・ニエトミュージアムではレースの記念品やトロフィーがいくつか展示されている。スペイン国王のフアン・カルロス1世とも友人関係にある。なお、同じくモーターサイクル・ロードレーサーであるフォンシ・ニエトは彼の甥にあたる。
rdfs:label
  • アンヘル・ニエト
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of