Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アンフェタミン(英語: amphetamine, alpha-methylphenethylamine)とは、間接型アドレナリン受容体刺激薬としてメタンフェタミンと同様の中枢興奮作用を持つ。同様の作用機序により中枢興奮作用を持つメチルフェニデートは注意欠如、多動症、ナルコレプシーの治療薬として用いられる。また、強い中枢興奮作用および精神依存、薬剤耐性により、反社会的行動や犯罪につながりやすいため、覚醒剤に指定されている。密造と濫用がヨーロッパ諸国で横行し、主にフェニルプロパノールアミンから合成した硫酸アンフェタミンの形で出回っている。さらに、アメリカ合衆国、イギリス、オーストラリア、カナダなどの国々ではナルコレプシーやADHDの治療に用いられるため、処方されたアンフェタミンが横流しされ、高校や大学で最も頻繁に濫用される薬剤の1つとなっている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 659991 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9203 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 152 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58452403 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:atcPrefix
  • N06
prop-ja:atcSuffix
  • BA01
prop-ja:bioavailability
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:casNumber
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:chemicalFormula
  • C9H13N
prop-ja:drugbank
  • APRD00480
prop-ja:eliminationHalfLife
  • 10 (xsd:integer)
prop-ja:excretion
  • 腎臓; significant portion unaltered
prop-ja:iupacName
  • -1 (xsd:integer)
prop-ja:kegg
  • D07445
prop-ja:legalStatus
  • DEA スケジュールII(アメリカ)
  • クラスB(イギリス)
  • スケジュールIII(カナダ)
prop-ja:metabolism
prop-ja:molecularWeight
  • 135.208400 (xsd:double)
prop-ja:pregnancyCategory
  • C(アメリカ)
prop-ja:pubchem
  • 3007 (xsd:integer)
prop-ja:routesOfAdministration
  • 経口、静脈内投与、気化、吸入、坐剤
prop-ja:width
  • 260 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アンフェタミン(英語: amphetamine, alpha-methylphenethylamine)とは、間接型アドレナリン受容体刺激薬としてメタンフェタミンと同様の中枢興奮作用を持つ。同様の作用機序により中枢興奮作用を持つメチルフェニデートは注意欠如、多動症、ナルコレプシーの治療薬として用いられる。また、強い中枢興奮作用および精神依存、薬剤耐性により、反社会的行動や犯罪につながりやすいため、覚醒剤に指定されている。密造と濫用がヨーロッパ諸国で横行し、主にフェニルプロパノールアミンから合成した硫酸アンフェタミンの形で出回っている。さらに、アメリカ合衆国、イギリス、オーストラリア、カナダなどの国々ではナルコレプシーやADHDの治療に用いられるため、処方されたアンフェタミンが横流しされ、高校や大学で最も頻繁に濫用される薬剤の1つとなっている。
rdfs:label
  • アンフェタミン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of