Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アンヌ・ド・リュジニャン(Anne de Lusignan, 1418年9月24日 ニコシア - 1462年11月11日 ジュネーヴ)は、キプロス王国の王女で、サヴォイア公ルドヴィーコの妻。イタリア語名はアンナ・ディ・チプロ(Anna di Cipro)。キプロス王ジャニュとその妻でラ・マルシュ伯ジャン1世の娘であるシャルロット・ド・ブルボンの間の長女として生まれた。1432年1月1日にサヴォイア公アメデーオ8世の長男ルドヴィーコと婚約、1434年2月12日にシャンベリにおいて結婚した。夫は1440年に公爵家の家督を継いだ。公爵夫妻は非常に仲が良く、間には19人もの子女が生まれ、うち14人が成育している。夫のルドヴィーコは公爵領の統治よりも詩作を好む文人肌の人で、国事を徐々に妻に任せるようになっていった。アンヌは故郷を懐かしみ、キプロス島の大領主たちを招いて謁見するのを好んだ。アンヌは招待客たちを楽しませるために城を飾り立て、祝宴を催し、豪華な贈物を用意した。こうした贅沢は、特にヴォー地方の領主層や農民たちの反発を買った。アンヌはフランス王家に対する負債を減らすため、三女カルロッタを1451年にフランス王太子ルイ(後のルイ11世王)に嫁がせた。もっとも、ルイ11世は後に花嫁持参金の滞納を理由に、サヴォイア家領のブレスの幾つかの城、ヴォー州の数都市を占拠した。1452年、アンヌはヴァランボン城の所有権と引き換えに、ジャンヌ・ド・シャルニー(Jeanne de Charny)から聖骸布を買い取った。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2931589 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2121 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 39 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50859833 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アンヌ・ド・リュジニャン(Anne de Lusignan, 1418年9月24日 ニコシア - 1462年11月11日 ジュネーヴ)は、キプロス王国の王女で、サヴォイア公ルドヴィーコの妻。イタリア語名はアンナ・ディ・チプロ(Anna di Cipro)。キプロス王ジャニュとその妻でラ・マルシュ伯ジャン1世の娘であるシャルロット・ド・ブルボンの間の長女として生まれた。1432年1月1日にサヴォイア公アメデーオ8世の長男ルドヴィーコと婚約、1434年2月12日にシャンベリにおいて結婚した。夫は1440年に公爵家の家督を継いだ。公爵夫妻は非常に仲が良く、間には19人もの子女が生まれ、うち14人が成育している。夫のルドヴィーコは公爵領の統治よりも詩作を好む文人肌の人で、国事を徐々に妻に任せるようになっていった。アンヌは故郷を懐かしみ、キプロス島の大領主たちを招いて謁見するのを好んだ。アンヌは招待客たちを楽しませるために城を飾り立て、祝宴を催し、豪華な贈物を用意した。こうした贅沢は、特にヴォー地方の領主層や農民たちの反発を買った。アンヌはフランス王家に対する負債を減らすため、三女カルロッタを1451年にフランス王太子ルイ(後のルイ11世王)に嫁がせた。もっとも、ルイ11世は後に花嫁持参金の滞納を理由に、サヴォイア家領のブレスの幾つかの城、ヴォー州の数都市を占拠した。1452年、アンヌはヴァランボン城の所有権と引き換えに、ジャンヌ・ド・シャルニー(Jeanne de Charny)から聖骸布を買い取った。
rdfs:label
  • アンヌ・ド・リュジニャン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of