Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アンナ・カタリナ・エンメリック(ドイツ名 Anna Katharina Emmerick, 1774年9月8日 - 1824年2月9日)は、カトリック教会聖アウグスチノ修道会の修道女で、神秘家である。2004年10月3日、教皇ヨハネ・パウロ2世によって列福された。イエスの受難、聖母マリアの晩年など聖家族の様子、終末の時代の教会の様子などを幻視し、記録している。エンメリックが幻視したイエスの最期は、2004年にメル・ギブソン監督によって映画化された(『パッション』)。エンメリックが幻視した聖母が晩年を過ごした家は、19世紀にトルコ・エフェソスで発見された。現在では、教皇聖ヨハネ・パウロ2世と教皇ベネディクト16世なども訪ねる巡礼地となっている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 989686 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 12141 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 103 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57743803 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:attributes
  • 白いキャップを被る姿 十字架と共に祈る姿
prop-ja:beatifiedBy
  • 福者ヨハネ・パウロ2世
prop-ja:beatifiedDate
  • --10-03
prop-ja:birthPlace
  • 、 ヴェストファーレン(北ドイツ)
prop-ja:deathDate
  • 1824-02-09 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • 、 ヴェストファーレン(北ドイツ)
prop-ja:feastDay
  • --02-09
prop-ja:imagesize
  • 220 (xsd:integer)
prop-ja:majorShrine
  • 聖十字架教会、デュルメン、ドイツ
prop-ja:name
  • 福者アンナ・カタリナ・エンメリック
prop-ja:titles
  • 修道女 聖痕者 神秘家 
prop-ja:veneratedIn
  • ローマ・カトリック教会
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アンナ・カタリナ・エンメリック(ドイツ名 Anna Katharina Emmerick, 1774年9月8日 - 1824年2月9日)は、カトリック教会聖アウグスチノ修道会の修道女で、神秘家である。2004年10月3日、教皇ヨハネ・パウロ2世によって列福された。イエスの受難、聖母マリアの晩年など聖家族の様子、終末の時代の教会の様子などを幻視し、記録している。エンメリックが幻視したイエスの最期は、2004年にメル・ギブソン監督によって映画化された(『パッション』)。エンメリックが幻視した聖母が晩年を過ごした家は、19世紀にトルコ・エフェソスで発見された。現在では、教皇聖ヨハネ・パウロ2世と教皇ベネディクト16世なども訪ねる巡礼地となっている。
rdfs:label
  • アンナ・カタリナ・エンメリック
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of