Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『アンドロマック』(Andromaque)は、フランスの劇作家、ジャン・ラシーヌ作の悲劇。執筆は1667年。初演はその同じ年の11月17日オテル・ド・ブルーゴーニュ座で、王妃マリー・テレーズ・ドートリッシュのために上演された。アンドロマック(アンドロマケー)を主人公にした劇は、エウリーピデースとウェルギリウスが書いていて、ラシーヌの劇はそれらを元にしている。トロイア戦争で、夫エクトール(ヘクトール)をアシール(アキレウス)に殺されたアンドロマックは、戦利品としてアシールの息子ピリュス(ネオプトレモス)の奴隷となる。ピリュスはスパルタ王メネラス(メネラーオス)の娘エルミオーヌ(ヘルミオネー)と結婚すると思われていた。ラシーヌの劇の構造は、一方通行の愛の連鎖である。オレスト(オレステース)はエルミオーヌを愛し、エルミオーヌはピリュスを、ピリュスはアンドロマックを、アンドロマックは亡夫エクトールと息子アスティアナクス(アステュアナクス)を愛している。ピリュスの宮廷にオレストが到着したその時から、登場人物たちは激情的に破滅へと向かいだす。前作(『アレクサンドル大王 』1665年)に引き続き、この劇の重要なテーマは「勇ましさ」である。以降、ラシーヌの劇はますます悲劇的要素を濃くし、そして『フェードル』(1677年)で、ついにその頂点を極めることになる。他のラシーヌの劇と違って、『アンドロマック』の人気が廃れることはなかった。この悲劇は、コメディ・フランセーズのレパートリーの中でも最も由緒ある劇である。さらに、フランスの学校では、劇の古典として、最も多く読まれ、研究されている。上映時間4時間に及ぶジャック・リヴェット監督の『狂気の愛』(1969年)は、舞台『アンドロマック』のリハーサルを中心にして物語が進行する。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1246520 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2093 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 30 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53731576 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『アンドロマック』(Andromaque)は、フランスの劇作家、ジャン・ラシーヌ作の悲劇。執筆は1667年。初演はその同じ年の11月17日オテル・ド・ブルーゴーニュ座で、王妃マリー・テレーズ・ドートリッシュのために上演された。アンドロマック(アンドロマケー)を主人公にした劇は、エウリーピデースとウェルギリウスが書いていて、ラシーヌの劇はそれらを元にしている。トロイア戦争で、夫エクトール(ヘクトール)をアシール(アキレウス)に殺されたアンドロマックは、戦利品としてアシールの息子ピリュス(ネオプトレモス)の奴隷となる。ピリュスはスパルタ王メネラス(メネラーオス)の娘エルミオーヌ(ヘルミオネー)と結婚すると思われていた。ラシーヌの劇の構造は、一方通行の愛の連鎖である。オレスト(オレステース)はエルミオーヌを愛し、エルミオーヌはピリュスを、ピリュスはアンドロマックを、アンドロマックは亡夫エクトールと息子アスティアナクス(アステュアナクス)を愛している。ピリュスの宮廷にオレストが到着したその時から、登場人物たちは激情的に破滅へと向かいだす。前作(『アレクサンドル大王 』1665年)に引き続き、この劇の重要なテーマは「勇ましさ」である。以降、ラシーヌの劇はますます悲劇的要素を濃くし、そして『フェードル』(1677年)で、ついにその頂点を極めることになる。他のラシーヌの劇と違って、『アンドロマック』の人気が廃れることはなかった。この悲劇は、コメディ・フランセーズのレパートリーの中でも最も由緒ある劇である。さらに、フランスの学校では、劇の古典として、最も多く読まれ、研究されている。上映時間4時間に及ぶジャック・リヴェット監督の『狂気の愛』(1969年)は、舞台『アンドロマック』のリハーサルを中心にして物語が進行する。
rdfs:label
  • アンドロマック
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of